「うなぎ供養」と「すっぽん供養」

 

今日の諫早は梅雨明けの天候らしく
青空の眩しい真夏の一日となりました。

 

 

神社では、ご家族での還暦祭と厄入厄除祈願、
恒久平和ならびに健康祈願の神事をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、一昨日のこと
本明川の河川敷で、いさはや鰻料理振興会の主催にて
「うなぎ供養」の神事が行われ、ご奉仕させていただきました。

 

 

この「うなぎ供養」は毎年、
うなぎ料理が名物となっている市内専門店をはじめ
関係者ご参列のもと、うなぎへの供養と商売繁盛を祈願して行われています。

 

 

諫早では「楽焼(らくやき)うなぎ」という、独特の料理法があります。

 

 

NCCニュース

 

 

「楽焼(らくやき)」は
鰻を焼いたあとに、二重底になった京都の楽焼きの独特な器を使い
仕上げにその器で蒸すのが特徴です。

 

楽焼きの空洞部分にお湯が入っているため、
うなぎがほどよく蒸されて、ふっくらとし冷めにくく
とろけるような独特の舌触りが生まれます。

 

 

NCCニュース

 

当日は、雨の予報となっていましたが
明け方には止み、滞りなく神事をすることができました。

 

 

NCCニュース

 

ちなみに、うなぎ料理専門店は
「北御門」「福田屋」「鰻割烹井手」「御食事処本明」「魚荘」の5店です。

 

また振興会には、諫早のうなぎ問屋で
うなぎ蒲焼を販売されている「諫早淡水」さんも加盟されています。

 

 

NBCニュース

 

神事のあとは、
地元の保育園の子どもたちが、体長30センチから40センチほどの
およそ80匹のうなぎを川に放流しました。

 

 

NCCニュース

 

 

その後、振興会では市内の介護施設入居者に鰻弁当:約60食を贈ったそうです。

 

 

 

今年、平成29年の
土用の丑(うし)の日は、7月25日(火)と8月6日(日)の二日間です。

 

 

栄養豊富で美味しい諫早の「楽焼うなぎ」を食べて
この暑い夏を乗り切っていただければと思います。

 

 

NCCニュース

 

 

 

また、先週のことになりますが
これまた諫早の名物であるスッポンの料理を提供している
四季の蔵・食楽亭さんで、「スッポンうなぎ供養」の神事をご奉仕いたしました。

 

 

ナイスいさはや

 

 

食楽亭では、全国2位の出荷高を誇る諫早産のスッポンを使用した料理や、
今年5月からはうなぎ料理も提供されています。

 

この日は、スッポンとうなぎの供養をするため、
調理場の祭壇に、オス・メスの2匹のスッポンとエサ、うなぎ、
そして調理に使用する包丁をお供えしました。

 

 

供養の神事では、食材への感謝と
安心安全で美味しい料理の提供を祈願しました。

 

 

神事の後、スッポンとうなぎは
食楽亭そばを流れる福田川に放流されました。

 

 

 

つい忘れがちな感謝の気持ちですが、こういった機会に
日頃、当たり前のように口にする食べ物は
たくさんの命を頂いているであるということに
改めて思いを寄せ、感謝の気持ちでいただくことは大切なことです。

 

 

これからも諫早が誇る
美味しい「すっぽん料理」を提供され
多くの方々に食べていただきたいと思います。