【1420万人】 平成25年の伊勢神宮の参拝者数

 

今日の諫早も最低気温が2度で
最高気温も10度ほどに留まり肌寒い一日となりました。

しかし、北日本では強い寒波が流れ込んでおり
こちらとはケタが違う厳しい寒さになっているようです。

 

神社では、厄除け祈願、賀寿祭、
初宮詣、車祓いなどをご奉仕しました。

 

さて、昨年10月には1000万人を突破していた
伊勢神宮の年間参拝者数ですが、
平成25年・一年間の参拝者数が確定し
なんと1420万人を突破したと発表されました。

(正確な記録は1420万4816人)

 

これは明治29年に統計を開始して以来、
記録を大幅に上回る過去最高の年間参拝者数となります。

 

伊勢神宮は、三重県に鎮座する
天照大御神をお祀りする日本人の総氏神様の神社です。

 

昨年は20年に一度の式年遷宮の最重儀、
「遷御の儀」が10月に斎行され
ますます「お伊勢参り」が増えています。

 

10月時点では1300万人を超えるほど
と予想されていましたがそれを上回る結果となりました。

 

じつは20年に一度の式年遷宮の翌年、つまり今年は
「おかげどし」と言って、必ずよい年になるとされます。

 

そして、そのことに感謝し(おかげさまの心で)、
今年お伊勢参りをすると特別な御神徳があるとされており
それを「おかげ参り」と言います。

 

江戸時代には、遷宮の翌年の春に
「おかげ参り」ブームが起こっていたそうです。

 

今年はお正月に伊勢神宮を参拝される方も多かったようです。

 

この一年、「平成のおかげどし」となる予感です。

 

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com