あと、何回 桜の花が見られるだろう

 

今日の諫早は心配されていた台風12号も過ぎ去り、台風一過となりました。

 

昨日の日曜日は、台風の接近を受けて
神社では多くの御祈願が延期になるなどの影響を受け、
地域の行事も軒並み 延期・中止という状況だったようです。

 

ただ、台風の警戒による影響はあったものの、被害があまりなかったのは何よりです。

 

 

本日、神社では晴天のもとにお宮参りのご奉仕がございました。

 

 

 

さて、先日のブログでご紹介した
「神道青年全国協議会 夏期セミナー」では
様々な知識の習得・学び・発見・再確認があり、充実した研修となりました。

 

その中でも印象に残っている言葉の一つが、第一講の先生からの

 

 

「 あと、何回 桜の花が見られるだろうか 」という問いです。

 

 

 

じつは、同じようなことを 特にここ数年 考えることが多くなっています。

 

 

日々、まだまだ覚悟が足りていない、意思が弱いなと反省することが多いのですが
そのたびに、限りがある人生で、もっとやるべきこと・やれることがあるのではないか
と自問自答をしながら、“ 決意のレベル ” を上げている感じです。

 

 

 

先生は、

 

人間とは とても意志が弱いもの、では、強い意志を持つためには何が必要か。

それは強い “ 決意 ” である。ならば、決意はどうやったら生まれてくるのか。

それは “ 人生には限りがある ” ということを真剣に考えることだ。人はみな

いつかは死ぬことを知っているのに、それを考えようとしない。

でも、「 あと何回 桜を見られるだろうか 」と問うたとき、

自分らしくあるため、主体的に行動する勇気が湧いてこないだろうか、

 

という主旨のことを仰っていました。

 

 

 

セミナーでこの言葉をお伺いした時、
「やっぱり、そうですよね。」とすごく共感をしました。

 

 

 

 

「決意」 「覚悟」 「勇気」 「行動」 「楽しさ」 「生きがい」 「幸せ」

 

これらは 連動 しているんだな、と改めて感じることができました。

 

 

 

何か、ふと立ち止まったとき、そのつど 自問自答をして
“ 決意のレベル ” を上げていこうと思います。

 

「 あと、何回 桜の花が見られるだろう 」