うないさん、茅の輪くぐりに

 

今日の諫早は昨晩から猛烈な雨が続き、
本明川の支流で一時、避難の準備を行う目安の水位まで近づくなど
大雨の被害に注意する状況となりました。

 

午後には落ち着きましたが
まだ大雨洪水警報がでており引き続き警戒が必要です。

 

 

さて、6月29日に厳修された「夏越の大祓」ですが
そのために舗設した「茅の輪」は、先日もご案内のとおり
今週末までそのまま設置しており「茅の輪くぐり」をすることができます。

 

茅の輪くぐりとは、
夏越の大祓でお清めお祓いをするための儀式で
茅草等で作られた大きな輪をくぐることでツミ・ケガレを祓うものです。

 

その起源は神話の故事を伝承としており
左・右・左と茅の輪を3回くぐる所作することで自身のお祓いをします。

 

そのような中、諫早のうなぎの妖精「うないさん」が
当宮の茅の輪をくぐりに来られたようですので、ご紹介します。

 

ちなみに、うないさんは
当宮の前を流れる 諫早の母なる川、本明川の出身ということもあり
諫早神社とは深いご縁がありまして、これまでも初詣などに参拝されています。

 

 

写真: くぐってみるうな。

くぐってみるうな。

 

 

茅の輪くぐりをされましたので
この半年を、新たな心身にて清々しく過ごせることでしょう。

 

うないさんは
晴れの日も雨の日も、諫早の各地を訪ねて歩いているそうでして
今年の暑い夏も無事に過ごせますようご祈念申し上げます。

 

うないさんの公式 facebook 「諫早うないさんぽ」はこちら

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com