お焚き上げルールのご確認を

 

今日の諫早は今冬一番の寒さと思われるほど
凍えるような肌寒い一日となりました。

神社では団体の賀寿祭、方位除祈願などをご奉仕しました。

 

さて、松の内が過ぎ
お正月に歳神様をお迎えするために飾っていた「注連飾り」について
お焚き上げのご依頼で神社にお持ちになる方が多くなっています。

 

当社では、古いおふだ・おまもり納め箱があり
そこで一緒にお納めいただけるようになっています。

 

納め箱には、ルール厳守でお願いしますと明記していますが
残念ながら中にはルール違反の方もいらっしゃします。

 

改めてお知らせいたしますので、ご確認をお願いします。

 

 

■お納めできるもの
おふだ、おまもり、破魔矢、福かき、注連飾りなど燃えるもの

 

■お納めできないもの
「橙・みかん」「餅」などの生もの、人形、結納品、その他日用雑貨品など

 

注連飾りについている「橙・みかん」は
必ず、はずしてからお納め下さい。

プラスチック製や針金などは各自で処分願います。

 

環境問題にも配慮してお焚き上げをしております。

 

皆さまが大切におまつりいただいたものを
清浄にお焚き上げするため、お一人お一人が
ルールを厳守いただけますようご協力をお願いします。

 

 

なお、古い神棚については
一定のお焚き上げ料(初穂料)を定めておりますので
お焚き上げをご希望の方は社務所までお持ちください。

 

■一社タイプ(御扉が一つ)
お焚き上げ料 千円

■三社タイプ(御扉が三つ)
お焚き上げ料 三千円

 

お預かりした古い神棚は、
お清めお祓いをしてお焚き上げをいたします。

 

なお、この際お預かりするのは
古い神棚の本体のみになりますのでご注意ください。

 

陶器類などはお預かりできませんのでご自分で処分願います。
(気になる場合は清め塩を振って処分されるとよいでしょう)

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com