リオ五輪・山口美咲選手、入賞おめでとうございます

 

今日の諫早も日照りが続きまして、
長梅雨だったにもかかわらず水不足が心配になるほどです。

 

神社では、戌の日ということで安産祈願をはじめ
建築事始めである地鎮祭を現地にてご奉仕させていただきました。

 

 

さて、地球の裏側ブラジルで熱戦が行われている
リオデジャネイロオリンピックには、諫早出身の選手が出場しています。

 

諫早出身の山口美咲選手は、競泳の女子400メートルリレーに出場。

 

 

予選では、日本チームが日本新記録3分36秒74のタイムをマークして
全体の7位に入り、2大会連続で決勝に進みました。

 

 

諫早市の中央体育館(内村記念アリーナ)では
午前3時過ぎの予選から市民が集まりパブリックビューイングで声援を送りました。

 

 

決勝は、オーストラリアとアメリカが世界新記録を争う速いレース展開のなか
日本チームは8位入賞を果たしました。

 

山口美咲選手、おめでとうございました。

 

 

試合後、山口美咲選手は晴れ晴れとした表情で現役引退を表明、
北京・リオと2回の五輪出場などの記録を樹立した水泳人生に、筆を置いた形です。

 

 

過酷な練習などを乗り越えての競技人生だったのではないかとご推察申し上げます。
おつかれさまでございました。

 

郷土の誇りです。ありがとうございました。