住む場所としても快適な諫早市

 

今日の諫早は曇でお昼頃から雨が降り
気温的には温かさすら感じる一日となりました。

神社では、厄除け祈願、車祓いなどのご奉仕をしました。

 

さて、当神社が鎮座する諫早市は
長崎県の県央地区として交通の要衝であり、
大規模な工業団地があり産業集積地として特色ある地域です。

 

もともとは長崎市のベッドタウン的な位置付けでもありましたが
最近はその利便性と将来に向けたポテンシャルが高いことから、
住宅地の開発も進んでいるようです。

 

利便性に関しては改めて言及するまでもなく
どこに行くにも便利、落ち着いた自然環境に囲まれている、
病院や図書館をはじめ住生活インフラが充実、温厚で誠実な市民性、
スポーツが盛んなど、たくさんのよいところが挙げられます。

 

それに加え、将来に向けては
新幹線の開通やさらなる交通網の充実など、
今後の少子高齢化社会を見越しても
将来にわたって住むに適した場所と言えるかと思います。

 

 

そういった中、最近では
比較的規模の大きい住宅地の開発も進められています。

 

例えば、創成館高校となりのファインパーク真津山
いさはや西部台、刑務所跡地の宅地(諫早中央タウン)などがあり、
これまでに何度か地鎮祭のご奉仕でお伺いしたこともあります。

 

いずれの宅地も販売状況は好調とのことで、
多くの方々が新築住宅を建設されているようです。

 

他にも小規模の宅地開発も進められているようで
今後も利便性の高い諫早の地にお住まいを求められる方は
ますます多くなることでしょう。

 

当神社も地域の氏神神社として、地域の活性化や
新しく諫早に住まいされる方々をおもてなしの心でお迎えできるよう
しっかりと役目を果たしていきたいと思います。

 

なお、明日(1/26)は
ファインパーク真津山で現地案内会が開催されているそうです。

 

販売開始してから間もないですが
全230区画中、すでに半数以上が分譲済みといういうことで
人気の高さが表れています。

 

諫早に住宅建設を検討中の方は、
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらでご確認ください。

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com