内村航平選手、地元・諫早で凱旋パレード!

 

今日の諫早は朝方までの雨は止んだものの
気温・湿度とも高い一日となりました。

 

神社では、各種の事務作業に勤しみ
午後からは県内の青年神職で組織する会での作業を行いました。

 

 

さて、今夏のリオデジャネイロ五輪で
体操男子の個人総合・団体総合で金メダルを獲得した内村航平選手が、
地元の諫早市から「特別市民栄誉大賞」が授与されることとなりました。

 

 

来週、内村航平選手が帰省し
出席する9月21日(水)の授与式にあわせて
祝賀の凱旋(がいせん)パレードが行われることが発表されました。

 

 

内村選手は、4年前のロンドン五輪で個人総合の金メダルを獲得した際も
地元・諫早市でパレードを行っており、約1万2千人の市民が参集しました。

(その時の様子はこちらのブログで確認できます)

 

 

今回は、個人総合の連覇もさることながら
日本の悲願・団体総合で金メダルに導いた立役者として
また常に進化し続けている美しい体操に、日本中・世界中が湧きました。

 

 

リオ五輪に焦点を当てた「アスリートイメージ評価調査」では
「五輪を見て感動した選手」として、日本の全出場選手の中で
内村航平選手が堂々の1位となっています。

 

地元の諫早市民はもちろんのこと
全国の多くの方々が勇気と夢と感動をわかちあったものと思います。

 

 

郷土・諫早の誇り、日本の誇りです!

 

 

多くの方々が駆けつけて、市民を挙げてお祝いしたいですね。

 

 

祝賀セレモニーは、9月21日(水)午後4時10分から
諫早市役所前の中央交流広場で開かれ、内村選手に「特別市民栄誉大賞」が贈られます。

 

そして、午後5時から20分間にわたって
諫早市中心部の本町から栄町までの「アエルいさはやアーケード」を
オープンカーに乗って内村選手がパレードします。
地元高校のブラスバンド部の演奏で先導、後続車にはご両親も乗車予定です。