内村航平選手の祝賀セレモニー・パレードに参加

 

今日の諫早は雲に覆われた空模様で過ごしやすい一日となりました。

 

秋分の日でお墓参りをされた方も多かったかもしれません。

 

秋分の日は、
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」祝日でありますが
昭和の初期までは「秋季皇霊祭(こうれいさい)」という言う名称の祝日でした。

 

現在でも、宮中ではこの日に
歴代の天皇・皇后・皇親の霊をまつる秋季皇霊祭が執り行われています。

 

 

 

神社では、祝日で大安ということもあって
安産祈願やお宮参り、七五三詣、地鎮祭などをご奉仕させていただきました。

 

 

 

さて、昨日9月21日は、今夏のリオデジャネイロ五輪で
体操男子の個人総合・団体総合で金メダルを獲得した内村航平選手が、
地元の諫早市に帰省し、祝賀セレモニー・パレードが盛大に開催されました。

 

 

内村航平選手 祝賀セレモニーパレード諫早160921_1

 

地元のスーパースター、世界のウチムラ の凱旋に
居ても立っても居られずに お祝いに駆けつけました。

 

 

まずは、諫早市役所前の中央交流広場に設けられたステージで
「特別市民栄誉大賞」の授与式が行われ、祝賀セレモニーがありました。

 

 

セレモニーの挨拶で、内村航平選手から

「地元の応援がリオに届いたからこそあの演技ができたと思っている」

「金メダルの結果以上に、皆さんに夢と感動を与えられたことがよかった」

「4年後の東京五輪に出場したら、諫早の皆さんに東京で見てもらいたい」

という主旨の発言があり、地元を大切に思っていらっしゃることを肌で感じました。

 

 

自分が育った場所への感謝のような気持ち・謙虚な気持ちが、
あの強さ・美しさを生み出す要因の一つになっているのかもしれません。

 

 

内村航平選手-祝賀セレモニーパレード諫早160921_2

 

 

それから、内村スポーツクラブに通っている子どもたちとのふれあいや
質問への回答、「バック宙」の披露などがあり、会場は大いに沸きました。

 

 

最後に、内村航平選手の前途ますますのご活躍を祈念しまして
会場の皆さんで声高らかに万歳三唱を行い、市民の想いを届けました。

 

 

その後、諫早市中心部の本町から栄町までの「アエルいさはやアーケード」で
約20分間をかけての祝賀パレードが行われました。

 

 

内村航平選手-祝賀セレモニーパレード諫早160921_3

 

 

沿道には、4年前を超える 約1万5000名の市民が集まり
「おめでとう」「おかえりなさい」という声を掛けながら、
リオ五輪で2つの金メダルを獲得した内村航平選手を温かく祝福することができました。

 

 

団体・個人総合と、二つの金メダルまでの道のりは大変なものがあったのだろうと
拝察いたします。しばらくはゆっくりと心と体を休めていただければと思います。

 

 

内村航平選手-祝賀セレモニーパレード諫早160921_4

 

 

これからも地元の声援を力にしていただいて
美しい体操にますます磨きをかけ、ますますのご健勝ご多幸、
そして素晴らしい体操人生となりますことを心よりご祈念申し上げております。

 

 

 

これはパレード会場周辺で、諫早市から市民に配られたオリジナルの小旗です。
内村航平選手の似顔絵が描かれており、祝賀ムードを盛り上げました。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

内村航平選手-祝賀セレモニーパレード諫早160921_5