古い神棚はお焚き上げ料をいただいております

 

今日の諫早地方は照りつける太陽の光がまぶしく
気温も上昇し、夏日となりました。

これからもしばらく雨が降らないようなので
水の心配がでてくるかもしれません。

 

さて、先日
神社の社頭にビニール袋に入れた古い神棚を
勝手に置いていかれた方がいらっしゃいました。

たいへん残念なことです。

お焚き上げしてほしいとの趣旨だったのかもしれませんが、
仮にそうであるならば、
ご神前に勝手に置いていくという不敬なことではなく
社務所へご相談いただきたかったと思います。

 

ちなみに、当宮では
神社で受けられた御神札(おふだ)、御守(おまもり)は
特にお焚き上げ料は定めず、お焚き上げをしておりますので
ご自由にお持ちください。

これは当宮の御神札や御守に限らず、
遠方の神社で受けられたものでも結構です。

※寺院で受けられたものは寺院にお納めされたほうがよいでしょう。

 

普段から、社頭の右側に「古札納め箱」を設置していますので
古い御神札や御守は、ご都合のよいときにご来社され
こちらへお納めください。

その際、お志をお納めになる場合は賽銭箱へお願いします。

 

そして、古い神棚については
一定のお焚き上げ料(初穂料)を定めておりますので
お焚き上げをご希望の方は社務所までお持ちください。

 

古い神棚のお焚き上げ料は以下の通りです。

 

●一社タイプ(御扉が一つのもの)
お焚き上げ料 千円

●三社タイプ(御扉が三つのもの)
お焚き上げ料 三千円

 

お預かりした古い神棚は、
お清めお祓いをしてお焚き上げをいたします。

 

なお、この際お預かりするのは
古い神棚の本体のみになりますのでご注意ください。

陶器類などはお預かりできませんのでご自分で処分下さい。
(気になる場合は清め塩を振って処分されるとよいでしょう)

 

清浄にお焚き上げをするため、ルールの厳守をお願いいたします。

 

稀に、古い神棚だけでなく
ゴミを処分するような感覚で御守以外のものも段ボールに入れて
神社の社頭に放置されていく方もいらっしゃいます。

たいへん悲しいことです。

 

もし今後、悪質な場合がありましたら
防犯カメラの映像などを当局に提出するなど
しかるべき対応をしなければならないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com