宮中献穀「お田植祭」ご奉仕

 

今日の諫早は大気の状態が不安定で
断続的に雨が降っており梅雨本番の一日となりました。

 

神社では、各種打ち合わせや事務作業などに勤しみました。

 

 

さて、本ブログでもご紹介している宮中献穀事業について
少し前のことになりますが、去る6月26日(日)に
「お田植祭(おたうえさい)」をご奉仕させていただきました。

 

今年の斎田は、諫早神社(兼務社)の所管内の小野地区が選ばれていまして
宮中献穀事業の祭典に関わる準備などを仰せつかっております。

 

 

お田植祭は、いよいよ早苗の準備が整い
献穀田の稲作行事を始めるため、伝統衣装をまとった
早男(さおとこ)・早乙女(さおとめ)たちが
古式にならって田植えの儀式を行い、この年の五穀豊穣を祈る神事です。

 

 

当日は、祭主に
長崎県神社庁・諫早北高支部長の高城神社 宮司様を迎え
副祭主に所管社の私と、祭員・巫女の4名でご奉仕させていただきました。

 

 

 

近くのふれあい会館からの参進行列に始まり、
御神前に、巫女による「浦安の舞」を奉納しまして
約100名のご参列の皆さまと 心を一つに 豊かな稔りを祈念いたしました。

 

 

早男・早乙女は、地元の小野中学校の生徒たち11名が担い
慣れない衣装・所作ながらも、横一列で丁寧に苗を手植えしていきました。

 

 

また、梅雨の時期ということで直前までずっと雨が降っていたのですが
奇跡的に、その日だけは快晴の空模様となり、清々しいお田植祭となりました。

 

 

 

関係各位のご尽力のもと、素晴らしい祭典をご奉仕することができました。

 

 

 

奉耕者殿・耕作長殿におかれましては
これからも様々なご労苦もあろうかと存じますが
奉賛会・地元の皆さまのご支援・ご協力のもと、
素晴らしい稲穂・御米を奉納できますことをお祈り申し上げます。