宮中献穀「青田祭」ご奉仕

 

今日の諫早もじりじりとした暑さの一日となりました。
8月に入り極端に雨が降っていませんので水不足が心配されます。

 

神社では、各種打ち合わせや事務作業などに勤しみました。

 

 

さて、本ブログでもご紹介している宮中献穀事業について
少し前のことになりますが、去る8月1日(月)に
「青田祭(あおたさい)」をご奉仕させていただきました。

 

今年の斎田は、諫早神社(兼務社)の所管内の小野地区が選ばれていまして
宮中献穀事業の祭典に関わる準備などを仰せつかっております。

 

 

青田祭は、これから心配される水不足や風水害を防ぎ
害虫の駆除など、稲を守って豊かな稔りを祈願する神事です。

 

献穀田には、稲の苗が青々と成長し、立派な葉を伸ばしていました。

 

 

耕作長と奉耕者による
田草取りの儀・虫追いの儀などが行われ
参列の皆さまと 心を一つに 祈念をいたしました。

 

 

宮中献穀事業の次の行事は、10月に予定されている「抜穂祭」です。