宮中献穀「斎田清祓・播種祭」ご奉仕

 

今日の諫早はからっとした五月晴れとなりました。

 

皐月も早いもので最終日(晦日)、梅雨の季節の到来です。

 

 

さて、先日のブログでご紹介した宮中献穀事業について
本日は、事始めとなる「斎田清祓(さいでんきよはらい)」
並びに「播種祭(はしゅさい)」をご奉仕させていただきました。

 

今年の斎田は、諫早神社(兼務社)の所管内の小野地区が選ばれています。

 

 

斎田清祓は、宮中献穀田として選ばれた斎田を
お清めお祓いするとともに、土地の神様に是をご奉告するものです。

 

播種祭は、稲の種を
斎田の苗代(なわしろ)に播く(まく)際に行う神聖な儀式です。

 

 

御神前に、巫女による「豊栄の舞」を奉納しまして
ご参列の皆さまと 心を一つに 事業の進展を祈念いたしました。

 

 

奉耕者殿・耕作長殿におかれましては
これから様々なご労苦もあろうかと存じますが
奉賛会・地元の皆さまのご支援・ご協力のもと、
素晴らしい稲穂・御米を奉納できますことをお祈り申し上げます。