平成27年お正月 巫女さんの感想(その4)

 

今日の諫早は青空が広がる清々しい一日となりました。

 

神社では、厄入り厄除け祈願や還暦のお祓いをご奉仕しました。

 

さて、昨日に引き続き
今年のお正月に臨時巫女さんとしてご奉仕された方々に
寄せてもらった感想をご紹介していきます。

 

今回は、高校生のNさんです。

 

----- ここから -----

 

 

私は高校一年生で参加させていただきました。

 

最初は不安でしたが、巫女さんの先輩方や神社の方は
とても親切に優しくしてくださいました。

 

年末は社殿や外の掃除をしました。

 

じっくりとひとりで雑巾掛けをしたり、
普段とはちがったとても有意義な冬休みになりました。

 

たくさんのひとと関わる中で、
言葉遣いやふるまいも丁寧になったと思います。

 

人として、考え方や視野もひろがったと思います。

 

神社についての知識も学ぶことができました。

 

またぜひ、お手伝いさせていただきたいとおもいます。

 

 

----- ここまで -----

 

Nさん。

 

面接の時に書いてもらった筆記試験の内容が印象に残っています。

 

締め切り間際での応募でしたが、
筆記試験が今回採用の決め手になったと言っても過言ではありません。

 

また、ご奉仕の姿勢から「学ぶ」という素直な気持ちが感じられました。

 

これはとても大切で、この気持ち(知的好奇心)を持ち続けることができれば
きっとどんな世界でも成長できるはずです。

 

当社としても、お正月の巫女さんのご奉仕は
ただ単に短期のアルバイトとして働いてもらうというのではなく、
巫女さんを経験した方にとって「学びの場」「成長の場」となるよう
毎回工夫していこうと思っています。

 

この経験が、これからのNさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com