平成28年お正月 巫女さんの感想(その2)

 

今日の諫早は雲り空から時折り光が差し込む一日となりました。

 

神社では、厄入厄除祈願や還暦祭、
安産祈願やお宮参りなどをご奉仕させていただきました。

 

お正月三が日を過ぎてはじめての日曜日ということもあり
社頭のお参りも終日賑わっていたようです。
成人式が行われましたので、晴れ姿の方々のお参りもお見受けしました。

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
7名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介していきます。

 

 

2回目は、高校2年生のMさんです。

 

 

----- ここから -----

 

今回の巫女さんの体験は、貴重な体験で
だれでもできるわけじゃないものを経験させていただけたことにも
すごく感謝しております。

 

研修の時に初めて巫女装束を着て、あらためて自分は
とても運に恵まれ、今この場にいられるのだと思い
「巫女さんを頑張って務めよう」、そう思うことが出来ました。

 

 

年内の掃除では、日ごろ使わない筋肉をフル活用し(笑)
初詣にいらっしゃる参拝者の方が気持ちよく新しい年を迎えることができるようにと
気持ちを込めて清掃をさせていただきました

 

 

新年からは、巫女さんとしてお守りの授与などに励みました。

 

言葉遣いも普段使うものではなく、「お納めください」や「初穂料」など
聞きなれないものばかりで、初めはなかなか上手に言うことが出来ませんでした。

 

神棚の説明や、お守りやお札の事を聞かれても答えきれなかったことが多かったですが、
巫女さんとしてご奉仕しているうちに、教えていただいたことや学んだことなどを
参拝者の方にもきちんと伝えることができるようになりました。

 

 

参拝者の方々にも「頑張ってね」とか「今年もここの神社に来てよかった」と
言っていただき、本当に嬉しい気持ちになりました。

 

参拝者の方すべてが、笑顔でまた来年参拝して下さるといいなと思います。

 

 

ご奉仕の間、神社の方や同じ巫女さんに迷惑をかけることもありましたが、
嫌な顔せず教えてくださったり、失敗しても徐々に慣れていけばいいよと
声をかけてくださったり、その言葉に何度も救われました。

 

はじめは不安や緊張が大きく、大丈夫かな?、と心配でしたが
最後は終わるのがとても悲しくとても寂しくて、まだご奉仕したい!
という気持ちになりました。

 

 

文にするととても長く書ききれないほどの経験をさせていただきました。

 

一生忘れることの出来ない経験になり、とても良かったなと思っております。

 

 

短い間ではありましたが本当にありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Mさん。

 

バックヤードでおまもりを整理する作業では、
みんなが働きやすくとのことで、より取りやすくきれいに並べたりするなど
忙しい中でも、思いやりのある気配りをしていただきました。

 

また、福飴の振舞いでは
お渡しできなかった方のところに駆けつけてお渡しするなど
積極的なご奉仕の姿も拝見しました。

 

ありがとうございました。

 

 

今回の経験が、これからのMさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。