平成28年お正月 巫女さんの感想(その7)

 

今日の諫早は寒さが少し和らぎ晴れ間も見られる一日となりました。

 

神社では、地鎮祭や厄除けなどのご奉仕がございました。

 

 

さて、昨年の夏頃から
週末を中心にご奉仕をしていただいているT巫女さん。

 

今回がはじめてのお正月となりますので、
臨時巫女さんと同様、ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

今回、巫女としてはじめてお正月にご奉仕しました。

 

お正月に神社で年を越すという経験すらありませんでしたので、
神社という神聖な場で 新年を迎えることができて、とても
感慨深いです。

 

 

年末は境内清掃の仕事を主とし、濡れ雑巾で汚れを拭き落としました。

 

もちろん水は冷たく、寒さで体が凍えましたが
他の臨時巫女さんの熱心に働く様子を見て、私も頑張ることができました。

 

更に、境内を綺麗にすることにより、自分の心も清々しくなりました。

 

 

お正月期間は、お守りや御札などの授与を主としました。

 

忙しさの中にも充実感があり、今までで一番心に残るお正月となりました。

 

 

初詣にお見えになったご参拝の方々の晴れやかな笑顔が何よりの励みとなり、
また、神社の方々や臨時巫女さんの支えにより無事ご奉仕することができて嬉しく思います。

 

 

ありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Tさん。

 

普段ご奉仕をしていただいている御祈願のご案内・補助と
また違ったかたちの難しさ・楽しさがあったのではないでしょうか。

 

このお正月を通じて、巫女さんとしての立ち振る舞いだけでなく
接遇・コミュニケーションなどの経験値を積み上げることができたと思います。

 

 

今後のご奉仕でのご活躍を期待しています。

 

 

ありがとうございました。

 

 

今回の経験が、Tさんのこれからの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。