平成29年お正月 巫女さんの感想(その2)

 

今日の諫早は底冷えの厳しい寒さとなり、手足の冷えが身に染みる一日となりました。

 

神社では、地鎮祭や団体様での賀寿祭、
還暦祭や厄入り厄除け祈願をご奉仕させていただきました。

 

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
8名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介していきます。

 

 

2回目は、大学1年生のTさんです。

 

 

----- ここから -----

 

 

今回、幼い頃からずっと憧れていた巫女として
ご奉仕させて頂いたことを、とても光栄に思っています。

 

 

巫女装束を身につけている時間は、
言葉遣いや仕草ひとつとってみても普段の生活とはまったく異なっていました。

 

そのような中で慣れない作業をすることに不安を抱いていましたが
神社の方々のサポートもあり、最後まで楽しみながらやり遂げることができました。

 

 

最も印象に残っているのは、
やはり参拝者の方々の笑顔や「ありがとう」の声です。

 

 

始めはお守りやお札についても何の知識も無い状態でしたが、
笑顔で明るく接することだけは忘れないようにしようと思い
それが伝わったのではないかと嬉しく思いました。

 

袴の着付けや日本の伝統などについても学ばせて頂き、
そのすべてが大変貴重な経験となりました。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Tさん。

 

最初は少し戸惑いもあったかもしれませんが、
時間を追うごとによくなっていき、温かく皆さんに接していただき
新年の境内をお正月らしい雰囲気にしていただきました。

 

また、期間の終盤までご奉仕をしていただき
ありがとうございました。

 

 

今後のご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

今回の経験が、これからのTさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。