平成29年お正月 巫女さんの感想(その4)

 

今日の諫早も厳しい寒さが続き、防寒対策が欠かせない一日となっています。

 

神社では、厄入厄除祈願をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
8名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介していきます。

 

 

4回目は、大学4年生のHさんです。

 

 

----- ここから -----

 

 

今回、巫女さんとして
ご奉仕させていただいたことを嬉しく、また誇りに思います。

 

私は以前、長崎市内の神社で巫女さんの経験がありましたが
久しぶりの巫女さんなので、楽しみでもあり、少し不安もありました。

 

 

事前の研修では、巫女奉仕奉告祭があったり
お守りや、おみくじ、巫女さんなど日本の文化について学び
初めて学ぶことも多くありました。

 

事前研修で、巫女さんをするという意識が より高まったように思います。

 

 

今年のお正月は天気が良く、たくさんの方が参拝に来られていました。

 

参拝者の方にお守りを渡す時に、
丁寧に 両手で受け取ってくださったり
「ありがとう」 と言っていただけることが嬉しかったです。

 

 

普段は使わない
ようこそお参りくださいました」という言葉も
最初はぎこちなかったですが、
次第に気持ちを込めて言えるようになってきたと思います。

 

 

忙しい中にも、たくさん心が温かくなるような経験をして
とても充実していました。

 

 

私は来年から保育士として働きます。

 

巫女さんを経験したからこそ、
子どもたちに伝統的な日本の文化を伝えられたらと思っています。

 

 

諫早神社の方々には大変お世話になりました。

 

温かく丁寧に接していただいたおかげで、頑張ることができました。

 

私も人と接するときは
温かく丁寧に接することを大事にしていきたいと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Hさん。

 

他の神社さんでお正月奉仕の経験があるということで
優しく丁寧な対応で、常勤の巫女さんのようなご奉仕をしていただきました。

 

お正月の境内を
明るく、芯の通った、心地よい雰囲気にしていただきました。

 

また、さりげない気配り・目配り・心配りに大変助けられました。

 

 

 

4月からは社会人として新たな門出を迎えるとのことで
今後のご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

今回の経験が、これからのHさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。