当番県での九州神職総会・青年会総会

 

今日の諫早は台風一過の青空が広がり、
夏のような一日となりました。

 

さて、昨日の朝から長崎へ行き本日午後に戻ってまいりました。

というのも、各県持ち回りで毎年開催されている九州内の神職が一堂に会する
「九州各県神社庁連合会 神職総会」に参加するためです。

 

ただ、今回は長崎県が当番県ということで
参加はもちろんのこと、運営・歓待のご奉仕も微力ながら
お手伝いさせていただきました。

 

 

一日目の昨日は、九州の青年神職が集まり
第67回 神道青年九州地区協議会の総会が行われました。

 

第67回 神道青年九州地区協議会の総会(長崎)150512

 

今期から長崎県神青の河原会長が、
神青九州地区協議会の会長を務めることになっています。

 

総会では、
神道青年全国協議会の長友会長(宮崎県からの全国会長で、大学の先輩)の
祝辞をはじめ、会議議事は滞りなく終了し、今年度の活動方針・計画も定まりました。

 

私も、今年から支部委員の役を仰せつかっておりますので
これまで青年会の活動には参加できないことも多かったのですが、
より責任を果たすべく活動に注力し、青年神職同志の皆さんと絆を深め
お互いに高め磨きあっていきたいと思っています。

 

 

二日目の本日は、九州各県から約500名にもなんなんとする神職が集まり
第67回 九州各県神社庁連合会神職総会が行われました。

 

御来賓の皆様方からのご祝辞や議事進行、そして講演会も行われました。

 

 

来年は当番県・佐賀県での開催となりますが
今後も、機会を捉えて積極的に参加していければと思っています。