提灯奉迎、参加してきました

 

今日の諫早は昨日に続き雲が広がり
時おり強い風が吹く一日となりました。

 

神社では、初宮参りや七五三詣をご奉仕いたしました。

 

さて、昨日のブログでもご紹介した通り
天皇皇后両陛下におかれましては、明日10月12日から長崎県にて
開催される「長崎がんばらんば国体」の開会式に御臨席になるため
本日より来崎されており、夕刻に諫早市内にご到着されました。

 

そのため、宿泊場所ご到着までの沿道には
多くの市民の皆さんが駆けつけ奉迎申し上げました。

 

私も、諫早神社近くの国道207号沿いに定められた所定の場所に
参集して、天皇皇后両陛下の行幸啓をお待ちしておりました。

 

ほぼ予定の時間通り、厳重な警備のもと天皇皇后両陛下が乗車の車列が
目の前を走られ、日の丸の小旗を振りながら心より歓迎の意を表しました。

 

天皇皇后両陛下におかれましては、映像などで拝見するやさしい眼差しで
私たちのほうに手を振って下さいました。この上なく有り難いことでした。

 

国民に対する想いを肌で感じることができ、
世界最古の皇室をいただく日本の素晴らしさを改めて実感いたしました。

 

 

その後は、眼鏡橋前の本明川河川敷に移動しての
提灯奉迎にも参加させていただきました。

 

こちらは奉迎実行委員会により手持ちの提灯が配られていましたが
用意されていた3000個の提灯はすぐになくなってしまうほど
多くの市民の皆さんが参集されていました。

 

残念ながら、私が受付に着いた時はすでに提灯がない状態で
おそらく3000人を大きく超えて
数倍の人々がいらっしゃっていたのではないかと思われます。

 

日が暮れてしばらく経っていたので、提灯奉迎が始まるころには
すっかり暗くなり提灯の灯りが幻想的な雰囲気を醸し出していました。

 

距離もありましたので、
天皇皇后両陛下のお姿をはっきりとは拝見できませんでしたが
それでも提灯を一緒に振っていらっしゃるご様子や
手を振っていらっしゃるご様子はしっかりと目に焼きつけることができました。

 

一日に二度も天皇皇后両陛下をご奉迎する機会をきただきまして
非常に感激し胸が熱くなりました。

 

ありがとうございました。

 

現地の様子を映した写真なども、後日ご紹介できればと思います。

 

 

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com