新たな「ご縁」

 

今日の諫早は発達した低気圧の接近に伴って
雨・風とも非常に強くなり、荒れた一日となりました。

予定されていた地鎮祭が延期になるなど社務への影響も出ました。

 

神社では、お宮参りや米寿の賀寿祭のご奉仕をさせていただきました。

 

足元の悪い中に、皆さまようこそお参り下さいました。

 

 

さて、本日、これまで当社の1280有余年の歴史の中で
戦後あるいは諫早大水害後に伝統が途切れてしまい、懸案となっていた神事(祭事)に関して
思いがけず有難いお声掛けがございまして、有意義なお話をする機会を頂戴いたしました。

 

 

「想い」は、発信し続けると、どこかで「伝わり」
道が「開けてくる」ものなのかなと改めて実感をいたしました。

 

 

この新たな「ご縁」を大切に、一歩一歩積み重ねていければと思っています。

 

 

一段と身を引き締めて
御神威の発揚、地域の活性化に向けて精進して参ります。