明日は例大祭

 

今日の諫早は午前中雨がぱらついたものの、
午後は晴れて夏を思い出すような暑さの一日でした。

「戌の日」でしたので
神社では安産祈願などをご奉仕しました。

 

さて、ここ数日は兼務社のお祭りが続いていたことや
明日10月12日は諫早神社の例大祭が行われるため
その準備などで、慌ただしい日を過ごしておりました。

 

例大祭とは
その神社の恒例として、年に一度斎行する祭儀で
祭りの中でも最も重要な祭典とされています。

 

以前(諫早大水害前あるいは戦前には)、
諫早神社の例大祭では
「射手馬」と呼ばれていた流鏑馬のような特殊神事、
当番町による奉納「浮立」、
そして「御神輿の渡御(お下り・お上り)」が
盛大に行われていました。

 

残念ながら、この数十年は
その伝統行事が途絶えてしまっており
誠に残念で、大神様をはじ地域の皆様にも
大変申し訳なく感じております。

いずれは地元の伝統行事を復活させなければなりません。

現在の例大祭では、
御神霊の渡御のみ簡略化した形で行っており
今年もそのような形での斎行となります。

 

例大祭の神事は
総代関係者のみのご参列となりますが、
宮日の10月12日には
どうぞご都合のつく時間で結構ですので
神社へご参詣いただければと存じます。

 

神社にて年に一度行われます例大祭は、
地域の氏子、崇敬者の御協力のもと、
日頃の御神恩と御加護に感謝し、
併せて皆様の御家庭の繁栄と息災を御祈願申し上げるもので、
地域の伝統行事として、
神仏宗派を越えて地域全体の発展と隆昌を祈る祭りであります。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com