枯れ枝の枝打ちなど

 

今日の諫早は穏やかな春の陽気に包まれ
お出かけ日和の一日となりました。

 

神社では、土曜・祝日の 戌の日 ということもあり
安産祈願をはじめ、初宮参りなどをご奉仕させていただきました。

 

さて、当宮にはクスノキをはじめ多くの樹木が
鎮守の杜を形づくっていますが、この時期は
新緑が美しく生命の息吹を力強く感じることができます。

 

その中にも枯れてしまった枝などがあり、放っておくと
木全体の樹勢にもかかわってしまうということで
樹木を守るために、定期的に枝打ちを行わなければなりません。

 

維持をしていくのも大変なことです。

 

本日は、ほとんど新葉と入れ替わったクスノキの
落ち葉処理とあわせて、少々の枝打ちを行いました。

 

気のせいかもしれませんが、
全体として、鎮守の杜が生き生きしたような気がします。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com