栄田町・歳神社は 来年ご鎮座300年

 

今日の諫早はすっきりとした青空が広がり、
お出かけ日和の祝日となりました。

 

神社では、七五三詣の指定日ということもあり
七五三詣をはじめ初宮参りなどをご奉仕いたしました。

 

 

さて、本日は午後より
兼務している栄田町の氏神様で歳神社の秋の例祭が斎行され、
地域の皆さまご参列のもと、ご奉仕させていただきました。

 

栄田町は、諫早駅からもほど近く利便性が高いことから
住宅が多く人口も増えている地域の一つではないでしょうか。

 

歳神社は、五穀豊穣のご神徳で知られる大歳神をお祀りし
位置的にも田んぼの真ん中にありまして、何とも雰囲気のあるお社です。

 

特徴的なのは、7月の田祈祷祭そして今回11月の例祭の際には
子どもたちが浮立を奉納するということです。

 

浮立は、栄田町浮立保存会の皆さんが
子どもたちと一緒に練習をしているそうで、
今日も神事の後、社殿前の境内(参道)にて浮立奉納がありました。

 

賑やかで懐かしい笛の音や太鼓の鼓動が境内に響きわたり、
神様もたいそうお喜びになったことでしょう。

 

栄田町がこのように発展してきているのも、
こういった地域の伝統文化をしっかりと継承され
地域の結束が強いことが様々な好循環に繋がっているのでしょう。

 

 

この栄田町の歳神社ですが、
正徳五年(1715年、江戸時代)に創建され
じつは来年がご鎮座300年という大きな節目の年を迎えます。

 

町民の「心の拠り所」となり栄田町を見守ってきた氏神様ですので、
ぜひ地域を挙げてお祝いをしていただきまして、
栄田町のさらなる発展と町民各位の幸せをお祈りし
皆さまの〝絆〟を深めていただくような節目となればと思っております。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com