皇居勤労奉仕の感想(6)

 

今日の諫早は冬空ながら白い雲に覆われた空模様となりました。
明日にかけて雨が降り出す予報が出ています。

 

今週末は、『猫の日』の2月22日(にゃん×3)にあわせて
前日2月21日(日)に「猫の日イヴにゃんにゃんふぇすた」が諫早市で行われます。

 

「ねこ」をキーワードに、ねこの写真展、ねこ雑貨の販売、お話読み聞かせ、
ミニライブ、尾曲り猫についての歴史講演会、ねこの写真の上手な撮り方プチ講座、
ねこメイク体験など、おもしろい企画が目白押しのイベントだそうです。

 

場所は、諫早市白木峰町のコスモス花宇宙館です。

 

にゃんにゃんふぇすた_諫早20160221

 

詳しくは、こちら(にゃんにゃんふぇすた)でご確認いただけます。

 

 

 

さて、長崎県神社庁が毎年企画している
「皇居勤労奉仕の旅」が、どのようなご奉仕をするのか
どういったツアーなのか、参加された方の感想を通じてご紹介いたします。

 

今回は、昨年(平成27年)に参加された方の感想です。

 

今年秋に参加された方の感想は、また 来年ご紹介する予定です。

 

この感想は、神社庁が毎年発行している『庁報』に
掲載されており、神社庁のホームページで公開しているものです。

 

なお、今年の「皇居勤労奉仕の旅」のご案内はこちら

 

 

------ ここから ------

 

皇居勤労奉仕の感想(6)

 

 〜 Yさん(佐世保市在住の男性)の参加記 〜

 

昨年9月7日(月)から12日(土)までの5泊6日の日程で、
皇居勤労奉仕団に参加してまいりましたので、その報告をさせて頂きます。

 

今回の長崎県神社庁皇居勤労奉仕団は、長崎市1名、佐世保市5名、西海市2名、
雲仙市3名、松浦市13名、南松浦郡7名、壱岐市2名、諫早市3名、福岡県2名、
神社庁参事、添乗員の総勢40名の参加となりました。

 

 

出発日の9月7日(月)、正午前に雨の羽田に到着。
昼食後、靖國神社を正式参拝、同神社遊就館を見学、また千鳥ヶ淵戦没者墓苑を参拝し
英霊に祈りを捧げました。その後、麹町のホテルへ到着し一日目の日程を終えました。

 

二日目の8日(火)、
皇太子同妃両殿下が御住まいになっておられる赤坂御用地へ参りました。

 

皇宮警察による本人確認の後、西門から参入。
宮内庁からの説明の後、皇太子殿下の御会釈を賜りました。

 

当日参加の五団体の団長が各々の団員の前に立ち、
皇太子殿下よりお言葉を頂戴するのですが、私は不遜ながらも
団長の命を受けておりましたので、皇太子殿下より直接お言葉を頂戴致しました。

 

殿下の凛として気高いそのお姿を間近に拝することが出来、
この上ない幸せを感じました。

 

 

その後、御用地内を見学し、雨天により午後からの奉仕作業は中止となり、
NHKスタジオパーク等を見学し、二日目の日程を終えました。

 

三日目の9日(水)、いよいよ皇居の御奉仕です。

 

皇宮警察による本人確認の後、桔梗門から参入。
窓明館で宮内庁から説明を受けた後、皇居西側の吹上御苑へ参りました。

 

この場所は天皇皇后両陛下が御住まいになっておられる御所があり、
その周りを武蔵野の森が取り囲む広大な地区です。

 

陛下は『お徒歩』で御公務に行かれることがあるとの説明を受け、
その御姿を想像しつつ御苑内を見学、この日も午後からの奉仕作業は雨天中止となり、
東京スカイツリー等を見学し、三日目の日程を終えました。

 

 

四日目の10日(木)、この日は皇居中心部へ参りました。
新年一般参賀で御馴染の宮殿を見学の後、宮中三殿に参入。

 

賢所・皇霊殿・神殿を拝することが出来ました。
長崎県奉仕団は特別に参入が許されているとのこと。その喜びを感じつつ、
皇族方が御控えになられる幄舎(あくしゃ)の清掃を行いました。

 

昼食の後、宮殿付近の清掃作業を午後三時まで行い、
その後東京湾ディナークルーズで四日目の日程を終えました。

 

 

五日目の11日(金)、皇居東側の東御苑へ参りました。
この日は朝から晴天、伏見櫓前で記念撮影の後、
蓮池参集所にて天皇皇后両陛下の御会釈を賜りました。

 

皇太子殿下の時と同様に整列し、両陛下の御到着を待ちます。
お車が到着、両殿下がお見えになります。その御姿はまばゆいばかりに美しく、
その御様子は優しさに満ち溢れておられました。

 

お言葉を頂戴し我に返ると、
参加者の感涙にむせぶ様子が背中越しに伝わってきました。

 

この場に居合わせた全員が、同じ思いを共有しているのだと実感しました。

 

 

昼食後、東御苑内を清掃、宮内庁内で賜物を賜り、
大江戸温泉で感慨にふけりながら五日目の日程を終えました。

 

最終日の12日(土)、鶴岡八幡宮を正式参拝、鎌倉市内を観光、
横浜中華街で昼食後、移動バス内で奉仕団を解散、帰路につきました。

 

 

今回の御奉仕を終えて一番の喜びは、
畏くも天皇皇后両陛下・皇太子殿下の御会釈を賜れたこと、
全員が無事奉仕を終え帰着できたこと、また団員の皆様との一体感を感じられたことです。

 

どうぞこの奉仕団に参加した事がない方は、是非御参加頂きたいと思います。

 

必ず一生の思い出となります。

 

最後に、団員皆様に感謝申し上げると共に、今後の御健康御多幸をお祈り申し上げます。

 

 

 

------ ここまで ------