県神青会の東日本大震災復興祈願祭

 

今日の諫早は穏やかな天候の一日となりました。

神社では初宮詣、外祭では家祓清祓祭のご奉仕がありました。

 

さて、昨日3月11日は
東日本大震災から三年目を迎える節目の日でもありました。

 

県内の青年神職で組織する「長崎県神道青年会(長崎神青会)」では、
この節目の日に、普賢岳大噴火から復興を遂げた島原の地で
東日本大震災からの復興祈願祭を執り行いました。

 

本日の長崎新聞にも記事となっていましたが、
宮の町の海岸にて祭壇を設け、東北の方角を遥拝する形で
長崎神青会の会員をはじめ近隣の神職さん、
地元自治会長さんなどご参列のもとに厳粛に行われました。

 

私も会員の一人として参列し、御霊慰めと復興の祈りを捧げました。

 

これからも自分のできることを続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com