諫早北高支部総代会の総会

 

今日の諫早は過ごしやすい春の一日となりました。

 

神社では、大安ということもあり
お宮参りや車のお祓い、出張しての入居前清祓をご奉仕いたしました。

 

 

さて、諫早市内の各神社の役員・総代さんで組織する
諫早北高支部総代会において、年に一度の総会が高城神社さんで
先日行われ、神職(神主)を含め100名超の方々にご参集いただきました。

 

 

 

 

私は、支部総代会で事務局を務めており
この総会の準備や運営は大切な仕事の一つです。

 

 

まずは高城神社・拝殿にて正式参拝をし、
社務所に移動して総会の議事を進めていきます。

 

開会の辞、神宮並びに皇居遥拝、国歌斉唱、敬神生活の綱領唱和、
神職会・総代会の各支部長の挨拶に続き、御来賓として
参議院議員・古賀友一郎様の秘書の方にご挨拶を賜りました。

 

 

その後、功績があった方への支部表彰が行われました。

 

今年は例年以上に多く、これまでで最も多い
21名の方々が表彰の栄を受けられました。

 

誠におめでとうございました。

 

 

そして、平成28年度の決算報告を行ったのち
今年度29年度の予算(案)をご説明して了承をいただきました。

 

 

総会終了後、研修会として
松浦市鎮座の今福神社・早田宮司様をお招きし
「子や孫に伝えたい 神社参拝のかたち」と題してご講演を賜りました。

 

神社を参拝する際の基本的な作法だけでなく、
私たち神職(神主)もはっとさせられるような興味深い内容まで
心地のよいテンポでお話をしていただき、参加者一同、
熱心に受講をさせていただき、たいへん有意義な研修会となりました。

 

早田宮司様、貴重なお話をありがとうございました。

 

 

講演後には直会を行い、皆さんで懇親を深め
今年の支部総代会の総会もおかげさまで滞りなく終了することができました。

 

 

 

総代会がスムーズに活動できるよう、これからも尽力して参ります。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com