貴船神社の上棟祭、「ナイスいさはや」に掲載!

 

今日の諫早は梅雨の晴れ間で終日穏やかな一日となりました。

 

神社では、お宮参りなどをご奉仕させていただきました。

 

 

さて、6月14日に賑やかに斎行された、当社の兼務神社である
栗面町・貴船神社の上棟祭について、諫早のタウン紙「ナイスいさはや」の
最新号にて記事を掲載いただきましたのでご紹介いたします。

 

6月27日に発行された第1124号・二面に、下記の通り掲載されています。

 

 

ナイスいさはや掲載(貴船神社・上棟祭) 

 

 

以下はテキスト抜粋です。

 

--------------------------------

 

古式ゆかしき上棟祭(じょうとうさい)!

 

~ お福わけも行われる ~

 

栗面町の氏神様・貴船(きふね)神社では、創建260年の節目として
改築事業が進められており、6月14日、多くの町民が集まり
盛大に上棟祭が行われました。

 

上棟祭は、柱などの骨組みが完成に近づき、
屋根の一番高い位置にある「棟木(むなぎ)」を上げる際に行われる
華やかな祭典で、工事が無事に進んできた感謝とともに、
落成に至るまでのご加護を祈念するものです。

 

今回は神社の上棟祭ということで、
棟木を屋根に引き上げる「曳綱(ひきつな)の儀」、
棟木を打ち固める「槌打(つちうち)の儀」など、現在の建築では
ほとんど見ることのできない日本古来の伝統的な儀式が行われました。

 

神事に続いて、
約100名が参加しての餅まき(お福わけ)が賑やかに行われました。

 

完成後には、竣工奉祝祭も予定されています。