*お食い初め*

こんにちは。

禰宜(ねぎ)嫁です。

 

今日は、しとしと雨が降ったり止んだりの空模様です。

 

こんなお天気の休日、独身の頃は、よく本を読んで過ごしていました。

本を読んで、お気に入りのお茶を入れて、また本を読んで・・

 

そんな時間をあたりまえのものと感じていた、あの頃の自分。

 

もっと、もっと、味わっておけばよかったなぁと思います。

 

いつか、30年後くらいには、

またそんなふうにゆったりと過ごしてみたいです。

 

嫁いで、子どもを授かったからには、

しばらくおあずけ、ですね!

自分の意思で決めたことですし。

 

背筋をピンと伸ばし、シャキシャキっと人のために

日々、尽くしていきたいと思っています。

 

 

過日、生後100日を迎えた次女のために、

お食い初めの、お祝い料理を作ってみました。

恥ずかしながら、初めてお赤飯を炊きました。

 

お赤飯、お煮しめ、お吸い物、紅白なます、鯛の姿焼き。

作っているあいだは、ただただ、

美味しく出来上がることと、子どもの未来が明るいことを祈りながら。

 

家族のことを想い、心をこめて、手を動かす。

お祝い料理というのは、食べる人のためというより、

作る人の「家族愛」を高めるために必要なんだなぁと実感しました。

 

dsc03775

 

長女のときには手作りできなかったお食い初め膳。

 

無言でもりもり食べる家族の横で、

結婚当初はお味噌汁も上手に作れなかったわたしが、

料理の練習を重ね、

今ではお祝い料理を手作りしている!ということに、

感極まる思いと、疲労感で、ひとりフラフラでした。

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com