\ 諫早神社の初詣 /

 

平成30年(2018年)  戊戌歳 つちのえいぬどし

 

新年が佳き年でありますよう皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

 

■初詣の期間

 

当神社では 常時、初詣のご参拝をしていただけます。

お正月期間は 特設テントにて 授与品(おふだ・おまもり)を頒布いたします。

 

*例年、1月1日は たいへん賑い、お並びいただく時間帯がございます。ご了承ください。

*ゆっくりご参拝されたい方は、1月2日以降もご検討ください。

 

 

■特設テントの開設時間(目安)


1/1(月・祝)

午前0時 から 午前2時頃まで
午前7時30分 から 午後6時00分頃まで

 

1/2(火) ~1/7(日)
午前8時30分 から 午後5時00分頃まで

 

1/8(月・祝)
午前8時30分 から 午後3時00分頃まで

 

 

その後の通常期間は、社務所にてお求め下さい。

 

また、特設テントでは
お神酒・手作り甘酒・福飴(干支の飴)を振る舞っております。


数量限定ですので、なくなり次第終了とさせて頂きます。


甘酒はアルコールが入っておりませんが、、
お神酒については車を運転する可能性がある方はご遠慮下さい。

 

■出店

期間:12月31日夜 ~ 1月3日まで

【  たいやき ・ たこやき ・ からあげ ・ コーヒー  】

 

 

さらに、特別ゲストとして 諫早のゆるキャラ 「うないさん」 が登場します。

 うないさん画像

 

期間:1月1日・2日・3日の 9時~16時の間で随時の出没予定

(不在の時間帯もありますのでご了承ください)

 

うないさんに新年のご挨拶をどうぞ (^o^)丿

 

なお、地域活性化プロジェクトとして奉製している
「うないさん絵馬」「うないさん御守」
そして 今回 初登場 「うないさん置物みくじ」
も頒布いたします。

 

 *それぞれ数量限定ですのでお早めにどうぞ。

 

 

初詣の際には、できましたら事前に「参拝作法」のページをご覧いただき、
正しい作法でのお参りをおすすめいたします。

 

 

初詣期間のご祈祷(お祓い)

 

平成30年元旦から1/5(金)までの間は、大変混み合うことが予想されます。

原則、事前のご予約にて承っております。

ご希望の日時がございましたらお早めにご連絡をお願いします。

 

特に、1/3(水)・1/4(木)・1/5(金)の午前中は
仕事始めのご祈祷のお申込みが多くなっております。

 

先着順の予約制ですのでご希望の日時にそえない場合もございます。
予めご了承ください。

 

交通情報

神社の境内に参拝者用駐車場をご用意しています。

 

地図_諫早神社の交通アクセス

混雑が予想されますのでくれぐれもご注意下さい。
 

また、年末から1月5日まで一般開放されています
本明川の河川敷(天満町・グリーンホテル下)

駐車場として利用できます。

 

 

できましたら、乗り合わせや徒歩などご検討いただけると幸いです。

 

境内ならびに駐車場内で発生した事故等については
一切責任を負えませんので、それぞれ十分にお気をつけ下さい。

 


三が日は、鳥居横の車両出入口を車両入口専用とし、
つかさおこし方面に臨時の車両専用出口を設けます。
警備員の誘導に従って駐車ください。

公道などへの違法駐車は取締りの対象となります。

 

初詣は、まず氏神様から

 

新しい年が明け、初めて社寺へお参りし 感謝の心とともに
「今年がよい年でありますように」と祈願するのが 「初詣」です。

 

近年は遠方の大きな神社へ参拝することも多いですが、まずは
実家や自分が住んでいる地元の氏神様(その地域をお守りしている近くの神社)へ
お参りするのが本来の「初詣」といえます。

 

初詣はまず氏神様からお参りいたしましょう。

 

お守り・おふだは、年毎に新しく

 

古い授与品は、感謝の心で神社へお納めし
より一層のご加護を願うため、新しい御神徳(授与品)をいただき
さらなるご加護をお受けしましょう。

 

諫早神社では、社殿横に「古神札納め所」と書かれた
所定の場所を用意しておりますのでそこへお納め下さい。お焚き上げいたします。

 

なお、古い授与品を納められる方は、次の事項を厳守願います。


神社での授与品以外はご遠慮下さい 。


人形・ぬいぐるみ等は絶対に持ち込まないで下さい。

 

 

お一人お一人が気持ちよく参拝できますよう、
皆様のご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 







平成30年「皇居勤労奉仕の旅」 ご案内

 

長崎県神社庁では、
天皇陛下 御即位十年奉祝記念として皇居勤労奉仕団をスタートし、
これまでに20回、約620名の有志の方々が参加されてきました。

 

 

皇居勤労奉仕とは、昭和20年5月に空襲で焼失した
宮殿の焼け跡を整理するため、有志が勤労奉仕を申し出たことで始まり
それ以降、奉仕を希望する全国の多くの方々により行われているものです。

 

現在の皇居勤労奉仕は、連続する平日の4日間に
皇居と赤坂御用地で除草・清掃・庭園作業などを行います。

 

 

長崎県神社庁では、 平成30年も
第21回目の「皇居勤労奉仕の旅」を企画・予定しており
現在、参加される方々を広く募集しております。

 

皇居勤労奉仕は、
一団体として宮内庁へ申請する必要がありますので
本ツアーは長崎県神社庁の奉仕団として申請するものです。

 

ご関心ある方は、 是非この機会に 参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 

当社ホームページをご覧になった福岡県在住の方から
お問い合わせがあり、このツアーに参加された方もいらっしゃいました。

 

 

 

なお、団体名簿を半年前までに宮内庁へ届け出る定めとなっており
申込締切日が早目になりますがご理解ほどお願いいたします。

(ただし、実施1ヶ月前まで変更可です)

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

≪ 第21回 長崎県神社庁 皇居勤労奉仕団 ツアー ≫

 

実施日: 平成30年9月上旬 ~ 中旬 5泊6日(具体的日程は後日決定します)

 

行き先: 皇居奉仕、明治神宮、靖国神社、国学院大学博物館
     安房神社、館山・マザー牧場

 

募集人員: 45名(但し、年齢制限あり:75歳まで)

 

申込締切: 3月25日 (宮内庁への許可申請のため、但し1ヶ月前まで変更可)

 

参加費: 148,000円(長崎空港発着、添乗員同行)

 

問合せ先: 長崎県神社庁 TEL  095-827-5689

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 












Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com