ラジオに出演しました ( H29.6.22 )

 

さきほど、機会をいただきまして
地元のラジオ局「エフエムいさはや(レインボーエフエム)」さんの
生番組に出演してまいりました。

 

エフエムいさはやさんは、
長崎県央地域 (受信可能人口約24万人) をエリアとする
コミュニティFM局で、行政情報、各種イベント情報、生活情報など
身近で役に立つ様々な地域の情報を放送されています。

 

レインボーエフエム RAINBOW FM FM Radio 77.1MHz

 

 

今回 出演させたいただいた番組は「 Grooving Story」で、
パーソナリティは 渡邉享介さんです。

 

出演は17:10からの15分ほどで
今回は6月25日に行う「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」について
お話させていただきました。

 

 

そもそも大祓とは? 何をする? ケガレとは?
についてお話させていただきました。

 

ぜひ多くの方々に、夏越の大祓にご参列いただければと思います。

 

当日ご参列できない方も、
事前に人形(ひとがた)をお渡ししておりますので
人形祓いを受けていただきまして、清らかな気(心)を取り戻し
夏を無事に乗り越え、一年の後半をお過ごしいただければと思います。

 

 

また機会がありましたら、日本の伝統文化や
日本人が大切にしてきた年中行事についてご紹介していきたく思います。

 

 

 



平成29年神青総会

 

先日、長崎県神社庁で
若手の神職(神主)が集まる長崎県神道青年会の総会が行われ
私も指名委員として出席させていただきました。

 

私は社務のため参列できませんでしたが
総会に先立ち、熊本地震復興祈願祭が執り行われました。

 

 

総会では、会長挨拶、来賓挨拶として
神社庁長様、前会長で全国青年会の監事様よりお言葉を頂き、
新会員の紹介などが行われました。

 

 

 

その後、議案審議が行われ
会長ご指名により議長の役を仰せつかりましたので
慣れないながらも、皆様にご協力いただいて大役を務めることができました。

 

昨年度の活動報告・決算報告、
そして今年度の活動方針や活動計画・予算などが議案となり
青年会会員の総意により承認をしていただきました。

 

 

また、今年度は一大事業として
全国青年会の研修会が長崎の地(ハウステンボス)で行われるため
その報告や進捗状況などが説明されました。

 

 

全国の皆さんが長崎で研修を受けてよかったと思っていただけるよう
長崎神青一丸となり準備を進めております。

 

 

私も微力ながら尽力して参ります。

 

 

 



神社の近くで育つと「幸せ」を感じやすい

 

今日の諫早は明け方までの雨も上がり
少々湿度が高いものの、過ごしやすい一日となっています。

 

神社では、車のお祓い、安産祈願、初宮参りなどをご奉仕いたしました。

 

 

さて、少し前のニュースになりますが
「子供の頃に、神社仏閣が近所にある地域で育った人は、
そうでない人に比べて幸せを感じている」との調査結果が発表されました。

 

 

統計学の計算手法を用い、アンケート結果を分析し
大阪大学・大竹文雄教授(専門:行動経済学)などの研究チームがまとめています。

 

 

大竹教授は、芸人で小説家の又吉直樹氏(ピース)が出演している
NHK・Eテレの若者向け経済番組「オイコノミア」でも講師をされており
ご存知の方も多いのではないのでしょうか。

 

 

大竹教授によりますと、
「神仏や他人に見られている感覚を持つことで 正直になり、
人間関係が良好になって幸福度が高まるのではないか」と分析されているそうです。

 

 

その他にも、他者への信頼感などの
「ソーシャル・キャピタル」(社会関係資本)に関しても分析を行い
寺社の有無を「操作変数」として扱い、
ソーシャル・キャピタルが幸福度などを高めているかどうかを計算。

 

その結果、神社仏閣が近くにあった人はそうでない人に比べて
操作変数が高く、これを基に幸福度を年収に換算して調べたところ、
神社仏閣が近くになかった人より高くなることが分かったそうです。

 

 

また、論文では
「神社の存在がソーシャル・キャピタルを高めているのは、
神社の存在そのものが、ソーシャル・キャピタルを高めるような世界観をもたらす
可能性を示唆している」とも言及されており、興味深い内容です。

 

 

 

当社も、神明奉仕を通じ
神社としての社会的役割も自覚しながら社務に励み
氏子・崇敬者の「心の拠りどころ」として貢献できるよう努めて参ります。

 

 

 



平成29年神社庁神職総会など

 

今日の諫早は快晴で過ごしやすい一日となりました。

 

さて、この時期は各種総会や会議が多く開催されます。

 

先日は、長崎県神社庁において
県内の神職が集う「平成29年 神社庁神職総会」に出席してきました。

 

 

 

 

また、前日夜の懇親会並びに池田宮司特級昇進祝賀会にも参加し
志をともにする神職の皆さんと楽しくお話しさせていただきました。

 

 

神職総会では、神殿祭が斎行され
県北の神職を中心にご奉仕いただきまして
素晴らしい平戸神楽も奉納されました。

 

そののち総会議事が滞りなくすすめられ
活動報告や講演などが行われました。

 

 

どの世界も共通して言えますが
全体を底上げするには、その全体を構成する
各々の「個」が、それぞれレベルアップをすることで
はじめて全体の底上げにつながっていくものと存じます。

 

当社も一神社として努力を積み重ね、
同志の神職さんとも連携し、切磋琢磨しながら
地域ならびに神社界の発展に貢献していきたいと決意を新たにしました。

 

 

 



平成29年「皇居勤労奉仕の旅」 ご案内

 

 

 

長崎県神社庁では
天皇陛下御即位十年奉祝記念として皇居勤労奉仕団をスタートし、
これまでに19回、約580名の有志の方々が参加されてきました。

 

 

皇居勤労奉仕とは、昭和20年5月に空襲で焼失した
宮殿の焼け跡を整理するため、有志が勤労奉仕を申し出たことで始まり
それ以降、奉仕を希望する全国の多くの方々により行われているものです。

 

現在の皇居勤労奉仕は、連続する平日の4日間に
皇居と赤坂御用地で除草・清掃・庭園作業などを行います。

 

 

長崎県神社庁では、 平成29年の今年も
20回目の「皇居勤労奉仕の旅」を企画・予定しており
現在、参加される方々を広く募集しております。

 

皇居勤労奉仕は、
一団体として宮内庁へ申請する必要がありますので
本ツアーは長崎県神社庁の奉仕団として申請するものです。

 

ご関心ある方は、 是非この機会に参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 

一昨年は、当社ホームページをご覧になった福岡県在住の方から
お問い合わせがあり、このツアーに参加された方もいらっしゃいました。

 

 

 

なお、団体名簿を半年前までに宮内庁へ届け出る定めとなっており
申込締切日が早目になりますがご理解ほどお願いいたします。

(ただし、実施1ヶ月前まで変更可です)

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

≪ 第20回 長崎県神社庁 皇居勤労奉仕団 ツアー ≫

 

実施日: 平成29年9月10日(日)~15(金) 5泊6日

 

行き先: 皇居奉仕、靖国神社、NHKスタジオパーク、
     富士山5合目、浅間神社、忍野八海

 

募集人員: 45名(但し、年齢制限あり:75歳まで)

 

申込締切: 6月30日 (宮内庁への許可申請のため、但し1ヶ月前まで変更可)

 

参加費: 138,000円(長崎空港発着、添乗員同行)

 

問合せ先: 長崎県神社庁 TEL  095-827-5689

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 



第6回神社検定、申込み期間が延長されました

 

さて、本ブログでも何度か紹介していますが
毎年6月に「神社検定」という試験が開催されています。

 

 

「神社検定」は、

 

神社が好きな方はもちろん、
日本の歴史や文化をもっと知りたい方や、観光好きの方など
日本人であれば知っておきたいことを学ぶための検定です。

 

 

難易度順に、三級・二級・一級とあり
気軽に受験することもできますし、
より深い知識にチャレンジすることもできます。

 

こちらに受験者の方の声が掲載されていますので参考にされて下さい。
↓  ↓  ↓

 

 

 

今年は、第6回 神社検定が行われます。

 

 

申込み期間が当初は5月11日(木)までとなっておりましたが
このたびWeb申込みの期間が延長されまして、
コンビニ支払いは5月17日(水)まで、
クレジット支払い5月21日(日)までとなりました。

 

この機会に受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

神社検定 公式サイト(Web申込み)はこちら。

 

 

— — — — — — — — — — — — — — —

 

【 第6回 神社検定 】

 

◆試験実施日
平成29年6月18日(日)

 

◆内容
参級(3級)、弐級(2級)、壱級(1級)

 

◆受験会場
全国各都道府県の指定場所(48か所)

 

 ✻長崎県は長崎県神社庁(長崎市)で受験できます。

 

 

— — — — — — — — — — — — — — —

 

 



お食い初め「歯固め石」ご用意しております

 

今日の諫早は春の麗らかな空模様の一日となりました。

 

神社では、戌の日ということで
平日ながらも多くの安産祈願をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、当社では
お食い初めの儀式で使用するオリジナルの「歯固め石」をご用意しております。

 

昨年から新たな形で授与しておりますので、改めてお知らせいたします。

 

 

お食い初めとは、
赤ちゃんの生後100日~120日前後に行う行事で
「一生、食べ物に困らないように」「丈夫な歯になりますように」との願いを込めて、
赤ちゃんが食事の真似事をする日本の伝統行事(お祝いの儀式)です。

 

 

「お食い初め」の際には、
赤ちゃんに丈夫な歯が生える事を願う「歯固め(はがため)」という儀式を行い
歯固めで使う石のことを「歯固め石」といいます。

 

 

 

 

当社でお宮参りをされた方には
この「歯固め石」を、
無料で差し上げております。

 

 

神社の社務所にてお渡ししますので
午前9時~午後5時のご都合のよい時にお越し下さい。

 

 

当社でお宮参りを受けられていない方で ご入用の方にも、
初穂料500円にて頒布していますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

なお、お食い初めの一般的な手順は
お宮参りの授与品の中に説明書きを添付しておりますが
大切なのは「赤ちゃんの幸せを願う心」ですので、手順や詳細は
それぞれの地域やご家庭のやり方でお祝いしていただくのがよろしいでしょう。

 

 

 

お食い初めでは、一般的に
1.一汁三菜  2.お頭付きの鯛(たい)の焼き物  3.歯固め石
を準備することが多いようです。

 

お祝いのお魚の鯛は、頭の固い魚ということで
「赤ちゃんの頭が丈夫になるように」との願いも込められています。

 

諫早神社近くの 竹野鮮魚店(永昌東町)では、
ご希望のサイズにあわせ、下処理や焼きあげるところまでの提供も行っています。
鯛のご相談は、竹野鮮魚店 またはお近くの鮮魚店へお問い合わせ下さい。

 

 

 



フェイス諫早のインタビュー記事「オススメスポット」に諫早神社

 

今日の諫早は晴れてはいるもののそれほど気温は上昇していないようです。

 

神社では、お宮参りのご奉仕をさせていただきます。

 

 

さて、諫早発の情報誌「face isahaya(フェイスいさはや)」さんの最新号
2017・5月号(vol.201)のP19~P22に、今年の「諫早つつじ祭り -諫早公園一帯-」で
「あなたのオススメ行楽スポットは?」というインタビュー記事が掲載されています。

 

 

131名の方々にインタビューをされたそうで、その中で
「諫早神社」を書いて下さった方々がいらっしゃいましたのでご紹介いたします。

 

 

 

 

「あなたのオススメ行楽スポット ベスト3は?」
という問いに皆さん回答を寄せています。

 

 

家族連れやお友達でいらっしゃっている方が多かったようです。

 

 

諫早市内では諫早公園(眼鏡橋)や白木峰、干拓の里などを挙げている方が多く、
市外では、ハウステンボスなどが書かれていました。

 

 

 

この方は、諫早眼鏡橋、小長井フルーツバス停、
そして「諫早神社」を書いていただいております。

 

 

 

 

この方々は、眼鏡橋に続いて、諫早神社、諏訪神社を書いていただいています。

 

 

 

オススメスポットとしてご紹介していただき
誠にありがとうございます。

 

 

これからも諫早の氏神様として、
九州総守護の四面宮として、地域に誇れる聖地となるべく精進して参ります。

 

 

 



皐月5月1日 「つきなみさい」

 

今日の諫早も雲ひとつないような青空が広がりました。

 

 

神社では、車のお祓いや地鎮祭をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、本日 皐月5月1日は 定例の諫早神社つきまいり

「月次祭(つきなみさい)」を執り行いました。

 

境内清掃をお手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。

 

はじめてご参列された方々もいらっしゃいました。
皆様、ようこそお参り下さいました。

 

 

次回の「つきなみさい」は

5月15日 (月) 8:30~ となります。

 

※平日・土日祝とも原則8:30からの開始です。

 

 

皆様とともに

日々の神恩感謝や健康安泰・繁栄などを祈願します。

 

自由にご参列できますので、

ご都合つかれる方はどうぞご参詣下さい。

 

また、当日は月次祭に先立ち境内清掃を行います。

お時間ある方は、8時00分~8時20分までの間

清掃にご協力頂けますと幸いです。

(雨天の場合、境内清掃は中止となります)

 

 

月次祭に参列できない方も

月の始まり(朔日・一日)や中日(十五日)の節目には、

各々ご都合のつく時間で結構です。

 

お住まいの地域をお守りされている地元の神社へ足を運び、

社頭にて心静かに参拝されることをおすすめしております。

 

今ここに生かされていることへの感謝の気持ちを神様にお伝えしましょう。

 

 

最後に、今後の「戌の日」をお知らせ致します。

安産祈願の時期目安として、ご参考くださいませ。 

 

皐月  5月      11日(木)・23日(火)

 

水無月 6月      4日(日)・16日(金)・28日(水)

 

 

 



流鏑馬体験会「ナイスいさはや」で紹介していただきました

 

今日の諫早は夏を思わせる汗ばむ陽気となりました。

 

神社では、安産祈願、お宮参りをはじめ
地鎮祭やリフォーム前の清祓をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、先日4月23日に開催しました
「子ども流鏑馬体験会」について、
毎日新聞さん、諫早ケーブルテレビさんに
紹介していただいたことを昨日のブログでお知らせしました。

 

続いて、 地元・諫早市の地域密着型タウン紙
「ナイスいさはや」さんでも紹介していただきましたので
ご案内をいたします。

 

 

紹介いただいたのは4月27日発行の第1191号・1ページ目です。

 

 

 

 

地域の行事として、当日も現地で取材していただきました。

 

ありがとうございました。

 

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com