「宇宙とはなにか」 モマとユーリの物語

 

今日の諫早は昨晩の一雨で少しは気温が下がっていたものの
やはり暑さの厳しい一日となりました。

 

 

今日は「山の日」の祝日、
お盆休みの連休が始まった方も多かったのではないでしょうか。

 

 

神社では、地鎮祭や車のお祓いをご奉仕させていただきました。

 

また、御朱印をお求めの方も多かったように思います。

 

 

 

さて、かれこれ20年ほど前からになりますでしょうか、
学生の頃から拝観している「少年社中」という劇団がございまして
昨日、タイミングが合いましたので上京して最新公演に足を運んでまいりました。

 

 

今回の演目は、『 モマの火星探検記 』

 

 

少年社中「モマの火星探検記」1

 

 

宇宙飛行士・毛利衛さんの児童文学『モマの火星探検記』を原作に、
少年社中の毛利亘宏さんが脚色・演出をした作品です。

 

じつは、少年社中の『モマの火星探検記』は5年前にも一度上映されていて
今回は会場やキャストも新たに、さらにパワーアップして生まれ変わった作品です。

 

 

“ 宇宙とは ”  をテーマに
少年社中の真骨頂である冒険ファンタジーが、
疾走感あふれる演技と、心に迫る言葉とともに繰り広げられました。

 

 

今回は、主役の一人「ユーリ」役を
なんと乃木坂46の生駒里奈さんが務めました。

 

どんな風になるのか新鮮な気持ちで幕が開くのを楽しみにしていましたが
生駒里奈さんをはじめ、皆さん一人一人が恒星のごとく輝いていて
素晴らしい化学反応を生み出した最高の舞台でした。

 

 

 

少年社中さんの舞台は
観るたびに高みを駆け上がり続けている、そんな舞台です。

 

 

物語の中には、
日本的な考え方(万物に八百万の神々が宿り、それらはつながっている)が
一つの大切なポイントとして出てくるなど、神職として注目する点もありました。

 

 

 

 

今回も「明日へ向かう希望の力」を舞台からもらった気がします。

 

 

 

 

 

『モマの火星探検記』は、
天王洲アイル・銀河劇場にて8月13日(日)までが東京公演、
そして、8月19日(土)20日(日)は大阪公演と続いていきます。

 

 

少年社中「モマの火星探検記」2

 

 

もし足を運べるチャンスがある方は、
ぜひ一度「少年社中」の公演をご覧になっていただきたいと思います。

 

詳しくは、こちら(少年社中ホームページ)で。

 

 

 

 



映画「君の名は。」に思う “日本人の感性“

 

今日の諫早は心地よい陽が差し込む秋晴れの一日となりました。

 

神社では、「戌の日」ということで
安産祈願をはじめお宮参りや七五三詣をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、先月8月26日に公開された
新海誠監督の長編アニメーション映画「君の名は。」

 

 

公開から一ヶ月ほどですが、すでに観客動員数850万人以上、
興行収入111億円以上と記録的なヒットを続けています。

 

興行収入で100億円突破を達成したのは、
日本のアニメーションで宮崎駿監督に続き2人目の快挙だそうです。

 

 

じつは、偶然に予告映像を拝見した時に、何か感じるものがあり
ずっと気になっていましたので、過日レイトショーに足を運んできました。

 

 

映像美はもちろん、物語の壮大な展開に引き込まれました。

 

若者だけでなく、幅広い世代に支持されている理由を実感しました。

 

 

それと観てからはじめて知ったのですが「神社」が関係する場面もあり
不思議なご縁を抱かずにはいられませんでした。

 

 

私たち日本人の「感性」に語り掛け、心の奥を刺激されるような、
慌ただしさの中で忘れがちな ときめきの扉 をノックされるような感覚でした。

 

 

自分の人生の中でも感じている「むすびの力」にも改めて思いを馳せました。

 

 

 

「大切なもの」が何なのか。「運命を切り開く」ためには。

 

 

 

この映画には、訴えかけてくる「明るい光」がありました。

 

 

 

 



諦めず、繰り返しチャレンジ =

 

今日の諫早は連日の厳しい暑さが続いており、
体調の管理にいっそう気をつけなければなりません。

 

神社では、車のお祓い、安産祈願、お宮参りなどをご奉仕いたしました。

 

 

さて、先日は出張で上京し、各種打ち合わせなどを済ませ
かれこれ18年ほど前から観劇を続けている
劇団「少年社中」の最新公演に足を運んでまいりました。

 

 

今回の演目は、『 三人どころじゃない吉三 』。

 

古典シリーズ第4弾、歌舞伎の人気演目「三人吉三」が原作です。

 

 

少年社中_三人どころじゃない吉三160729

 

 

繰り返される悲劇に立ち向かい、諦めずに何度も何度もチャレンジすることで
果たして運命を変えることはできるのか。

 

 

それは必然とも思える「奇跡」。

 

 

「奇跡」とはそのようなものなのかもしれません。

 

 

 

今回も「明日へ向かう力」をもらった気がします。

 

 

 

『 三人どころじゃない吉三 』は、
東京公演が本日まで、来週(8月6日・7日)は大阪公演があります。

 

もし足を運べるチャンスがある方は、
ぜひ一度「少年社中」の公演をご覧になっていただけると嬉しいです。

 

詳しくは、こちら(少年社中ホームページ)で。

 

 

 

 



「 さあ、はじめよう。 君の物語を。 」

 

かれこれ17年ほど前からになりますでしょうか、
観劇を続けている「少年社中」という劇団がございまして
先日、タイミングが合いましたので最新公演に足を運んでまいりました。

 

 

なんと、今回は
映画・テレビ・アニメなど様々な映像作品を提供している「東映」さんとの
コラボ企画で「少年社中×東映 舞台プロジェクト」公演です。

 

 

劇団「少年社中」を主宰する毛利亘宏さんが、
これまでに「仮面ライダーゴースト」や「手裏剣戦隊ニンニンジャー」など
東映スーパーヒーロー作品の数々の脚本を手掛けてきたということをきっかけとして、
新たなエンターテインメント作品を立ち上げるプロジェクトとして始動たものです。

 

 

 

今回の演目は、『パラノイア★サーカス』。

 

少年社中_パラノイアサーカス160228

 

 

“ 謎 ” をテーマに、少年社中の真骨頂である冒険ファンタジー
そして、江戸川乱歩の世界観をミックスした推理とミステリーな展開が
疾走感あふれる人間模様とともに繰り広げられました。

 

 

今回は、仮面ライダーなどのヒーロー役を務められた俳優さんも
キャストに加わっており、劇団の個性との新たな化学反応も見所の一つでした。

 

お互いにインスパイアされて高め合っていたのか
皆さん素晴らしく最高のパフォーマンスで、これまで以上に舞台が輝いて見えました。

 

 

 

人はだれしも「パラノイア(妄想)」の世界を持っています。

 

現実の世界、そして妄想の世界、
それぞれの世界で葛藤や心の遷り変りがあります。

 

人が生きていくのに「どの世界」で「どこに向かうのか」、
それを決めるのは自分自身なんだ。

 

そういったことを、ステージを拝見して感じました。

 

 

 

今回も「明日へ向かう力」をもらった気がします。

 

 

 

 

 

『パラノイア★サーカス』は、
サンシャイン劇場にて3月6日(日)までステージがあります。

 

もし足を運べるチャンスがある方は、
ぜひ一度「少年社中」の公演をご覧になっていただけると嬉しいです。

 

詳しくは、こちら(少年社中ホームページ)で。

 

 

 



*こどものときにしかできない、食育*

こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

 

先日、本屋さんで『食育力』という本を見つけました。

著者は、テレビでも時々見かける、

有名な服部幸應(はっとりゆきお)先生。

 

服部先生は、「食育」という概念のなかった時代に、

「食育」ということばをつくり、「食育」を推進してこられた、

すごいお方です。

 

 

先生いわく、

食育に関しては「3歳まで」がとても大事で、

なんと、この期間に、食育の運命の大部分が決まるそうです。

 

そして、人生で必要な知識や教養の7割は、

「3~8歳の家庭での食卓」で身に付くと考えられているようです。

 

 

わたし自身、こどもの食育については考えてきたつもりでしたが、

先生のことばで、より、身が引き締まったように思います。

 

 

ちなみに我が家の食卓での食育というか、決まりごとは、

 

 

①食事の前に部屋を片付ける

 

 2歳のこどもも、少し時間はかかりますが、

 自分できれいにお片付けできるようになりました

 

 

②テーブルの上に、食事と関係のないものは置かない

 

 食事の前にテーブルの上にあるのは、ティッシュ箱のみ

 

 

③食事前に間食はしない

 

 基本的に、主人(禰宜)が帰ってからの夕飯になるので、

 こどもはおなかをすかせることもありますが、

 「お父さんが帰ってからごはんを食べようね」の一点張りで、

 どんなに泣かれても、おやつは与えません

 一度か二度泣いたことがありましたが、それで諦めたのか、

 以来、「おとうさんかえってからね~」と言いながらご機嫌に

 待てるようになりました

 

 

④食事中、テレビはつけない

 

 以前テレビをつけていたら、こどもが食事に集中できなかったので、

 消してから、食べることにしました

 ちなみにテレビを消す係は、こどもです

 こどもも、テレビを消さないと食べられないことがわかっているので、

 大好きな番組を見ているときも、たいてい自分からすすんで消します

 

 

⑤お茶碗やお箸、食べもので遊んだら没収

 

 こどもなので、途中集中が切れたり、おなかがいっぱいになってくると、

 遊びだしますが、一度注意して、止めなければ没収します

 

 

⑥「お水」ではなく、「お水ください」

 「おかわり」ではなく、「おかわりください」

 

 食事の中でも、ことばづかいには注意を払い、

 気になる表現があれば言い直させます

 

 

⑦箸を持つ前に「いただきます」、

 お箸を置いてから「ごちそうさまでした」

 

 こどもがお箸を持ったまま食事のあいさつをしたら、やりなおしです

 

 

なんか、こう書いていると、

禁止事項ばかりで窮屈な食卓・・・という感じがしますが、

そんなことないんですよ(笑)

明るく楽しい食卓になっていると思います(^_^)たぶん(笑)

 

主人(禰宜)も、こどもも、毎日夕飯を楽しみにしてくれているようなので、

その期待にこたえられるように、

また、家族みんなの一日の疲れが、少しでも癒えるような

そんな食卓にしたいなと日々思っています。

 

 



*こどもを育てるということ*

 

こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

 

早いもので、10月ももう半分が過ぎましたね。

今年こそ、コスモスがきれいなうちに

白木峰に行きたいなぁと思っています。

 

さてさて、

我が家の娘の話になりますが、

最近は、社会性の発達が著しく、

少し前までは、おかあさんと離れるのはいや・・という様子でしたが

今は、おかあさんといるより、おともだちと一緒が楽しい!という

気持ちでいっぱいのようです。

 

先日は、一時保育でお世話になっている保育園の

運動会に、元気いっぱい参加させてもらいました☆

 

保育園・運動会

 

娘があまりにあっさり離れていくので、

さみしいでしょ~とよく言われるのですが、

わたしとしては、

この時を迎えるために、

今までしっかりそばにいて抱きしめてきたつもりなので、

ついにきたか~♪と、実はとてもうれしいのです。

 

 

こんな言い方をしては、少し大げさかもしれませんが、

 

こどもの心とからだが健康に育つことほど、

親にとって幸せなことはない

 

わたしはいつもそう思っています。

 

 

そういう思いもあって、

わたしの、くらしの優先順位の上位には

いつも「こどもの笑顔」があります。

 

常識的に考えると、神社の嫁は、できるだけ早く

子どもを保育所または父母に預け、

家業を手伝うべきなのでしょうが・・・

 

わが家の場合は、主人と話合い、

以前、わたしが、仕事と育児の両方を追い求め、

一時ボロボロになったこともあったので、

当面は「子どもの心身の健康」を最優先にすることにし、

一時保育を時々利用する以外は、

家で子育てをしてきました。

 

やはり、自分がいないことで周りに負担をかけることが気になり、

途中何度も、もっと働いた方がいいのではないかと

揺れたりもしましたが、

そんなこんなしているあいだに、娘も2歳8か月。

 

自分から社会の中に入って行こうとしています。

 

親が子どもを手放すのではなく、

子どもが自ら元気に親元を離れていく

 

そんな感じがいいなぁと思います。

 

学生のころから、ずっと教育に関心があり、

教育者になりたいと思っていました。

 

母親としてはまだまだ新米で、

ベテランのおかあさんには逆立ちしても届かないわたしですが、

 

わが子のことに関しては私が誰よりプロなんだと自信を持って

教育していこうと思っています。

 

 

子どもを育てているといろいろと不安も多いですが、

その中で、こどもを思う愛情の深さだったり、

軌道修正していく柔軟さだったり、

自分を信じていく強さみたいなものが

試されている気がします。

 

 

当宮で、安産祈願や初宮参りをされた方にはお知らせしております、

「親学」

親としてどうあるべきか、真剣に考えたい方へ

おすすめです。

 

(テキストは、諫早神社社務所でも取り扱っておりますのでお尋ね下さい)

 

わが家は、主人(禰宜)もわたしも読み込んでおります(^^)

 



*畳の下に新聞紙*

こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

 

昨日から急に寒くなりましたね。

昨夜うっかり肩を出したまま寝てしまい、風邪気味です・・・

 

 

寒くなると毎年つらいのが、畳からのすきま風。

 

底冷えで、こどもがかわいそうだなぁと思い、

今年は冬が来る前に、畳の下に新聞紙を敷きました。

 

部屋づくりのことは一人でやってきた私ですが、

さすがに畳は一人では上げられない・・と考え、

日中いつもご奉仕でいない禰宜に代わって、

今回は実家の母に助けてもらいました。

 

二人がかりで約2時間。

 

思っていたより畳が重く、

これはやはり一人では無理だったなと痛感しました。

 

母の小さいころは、年末になると家族で畳を上げて

ホコリを取り、新聞紙を敷きなおすのが、

毎年の習わしだったそうです。

 

昔は当たり前だった暮らしの仕方、

おうちのメンテナンスの仕方、

つくづく、自分は「ちゃんとした暮らし」を知らないなぁと思いました。

 

5年前に神社に嫁ぎ、

新しくできた家庭に神棚をまつり、

神社の者として、

日本の暮らしを大切にすることを伝えたいと考えたとき、

自分自身の暮らしが、「古きよき日本の暮らし方」から

とても遠いところにあることに気が付いて、

自分のことながらびっくりしました。

 

かつて学生の頃、

勉強と、習い事と、部活と、友達づきあいに忙しく

母に家事を手伝うよう言われても、体力的にきつく、

日々の家しごとを習う時間がとても少なかったこと、

今ではとても後悔しています。

 

いつもそれなりに一生懸命に過ごしてきたつもりでしたが、

大事な部分がすこーんと抜けている自分。

 

まだまだ勉強中です。

 

 

昔のお母さんの基本といわれた、

 

さ(裁縫)

し(しつけ)

す(炊事)

せ(洗濯)

そ(掃除)

 

本に習い、人に習い、

少しずつ学んでいけたらと思っています。

 

 

さて、明日は例祭です。

神社では着々と準備が進んでいます。

 



*シルバーウィーク折り返し*

こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

 

シルバーウィークといっても、神社に連休はありませんが・・

昨日の夕方、神社を閉めた後、のんのこ祭りに行って

家族で休日気分を味わってきました♪

 

諫美豚を使ったホルモン焼きそばや、汁なし担担麺、

六白豚のハンバーガー、クレープにカレーライス、

たこやき、タピオカジュースなどなど。

 

どれも美味しくて、みんなでおなかいっぱい食べました~。

 

 

食べすぎたので、反省して今夜はヘルシーメニュー。

海藻とお野菜たっぷりの献立にしました。

 

日々の食事、とっても気を使うんです・・

 

というのも、当社は基本的に、

禰宜(ねぎ)ひとりで日々のご祈祷奉仕をしているので、

禰宜が体調を崩すことはできないのです。

 

今、わたしにできることは、

毎日三食のごはんづくりと、くつろげる部屋づくり、

そして、こどもの心と身体と頭を健康に育てあげ、

いつか禰宜の仕事を引き継ぐであろう人材をきちんと育成することだと思っています。

 

「わたしにできること」と書きましたが、

「わたしにしかできないこと」でもあります。

 

妻として、母として、嫁として、

みんなのために、将来のために「わたしにしかできないこと」を日々考えています。

 

 



*こどもとおでかけ~島原鉄道の旅*

こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

 

 

今日は朝からさわやかに晴れ、気持ちのよいお天気だったので、
運動不足を解消すべく、こどもとふたりで島原鉄道にのり、島原まで行ってきました。

 

電車以外はすべて徒歩。

 

大人の足だと10分の距離も、二歳のこどもと一緒だと倍の20分かかります・・

途中できれいなお花を見つけたり、木の実をとったり~なんてしてると30分かかることも(^^;)

 

目的地に早くつきたい大人とは対照的に、こどもは歩く道のりを楽しむので、

急かしたい気持ちを抑え、今日はのんびりたっぷり一緒に歩き、

島原のお城のあたりまで行きました。

 

行き帰り合わせて2時間近く歩きましたが、

こどもはご機嫌元気いっぱいで、親の方がヘトヘト・・・

 

ちなみに今日は、第二日曜だったので、1日フリー乗車券(1,000円)が使えてお得でした♪

一日フリー乗車券は、毎月第二・第四日曜のみの販売で、
島原鉄道の鉄道・バス・フェリー(人のみ)を1日何回でも利用できるそうです。
※高速バス・高速船は利用不可

 

さて元気いっぱいに見えても、やはりまだ二歳、きっと体は疲れてるだろうなぁと思い、
16時半から夕飯を食べさせ、17時半にお布団に寝せると、あっというまに寝息を立て始めました。

 

DSC02843

 

たくさん動いて、ごはんを食べて、すとんと眠る。素晴らしい一日だなぁと思いました。

 

わたしも島鉄から見えるのどかな景色に心洗われ、歩いたことで頭もすっきりした気がします。
人ってそもそも、日中は外に出て身体を動かすことが前提にできている動物なのでしょう・・。

日ごろからもっと身体を使おうと思いました。

 

 

話は変わりますが、

こないだのブログで紹介したこんまりさんのことで書き忘れていたことがありました!

実は、こんまりこと近藤麻理恵さんは、

かつて神社で巫女さんとしてご奉仕されていたそうなのです(^^)

本によると、5年ほどお勤めされていたそうです。

 

お片付けの先生が元巫女さんだなんて、片付け好きな神社の嫁としてとっても身近に感じます☆

 

 



*家事本を読んで*

とつぜんですが、こんにちは。禰宜(ねぎ)嫁です。

大変ご無沙汰しております。

 

ブログ書きます!と周りに宣伝していたのにもかかわらず、
あっさり三日坊主で終わってしまい、なんとも情けない話です・・・。

 

今度こそ継続的に書いていけたらなと思います。

 

 

さて、夏も終わり、神社には七五三のお参りのご予約が少しずつ入り始めているようです。

 

あぁ、冬に向けてだんだん忙しくなっていくんだなぁと思うと、

繁忙期の「家事」「育児」「仕事」の質とバランスが心配になるのですが、

今年は、家事を上手くなることで乗り切ろう!と考えています。

 

というわけで、ただいま家事特訓中のわたしが昨日読んだのがこちら。

 

DSC02814

 

有名な、こんまりさん!

収納・片付けの本が大好きなので、この有名な本も存在は知っていたのですが、

なんとなく手に取る気にならず・・・このたびついに!

食わず嫌いはよくないな~と思ってパラパラ読んでみると、おもしろい(^^)

けっこうな文量がありましたが、あっというまに読んでしまいました。

 

特に印象に残ったのは、「収納グッズはいらない」でした!

私も過去に便利収納グッズを何度か買いましたが、かえってゴチャゴチャしてしまい、

結局手放すことが多かったように思います。

 

 

「家事の効率化は部屋づくりから」♪

部屋づくりについてもこれから少しずつ紹介していけたらと思います。

 

 








Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com