【お知らせ】平和を祈る限定御朱印(令和2年版)

 

【 平和を祈る御朱印 】

 

平穏な日常が、いかに大切なのか。

 

あらためて感じる毎日が続いています。

 

こんな時だからこそ。

 

立ちかえって、
ほんとうに大切なものはなにかを
心に問いかける機会にしたいと思います。

 

 

過去・現在・未来。

 

どんな時代
どんな社会であっても

 

平和であることは、私たちの暮らしの礎。

 

多くのご要望をいただきまして、
昨年に続き「平和の祈り」を「形」にした
限定御朱印を奉製いたします。

 

 

◆扇のカナメから広がる祈り

 

平和の祈りが込められている巫女舞
「浦安の舞・扇舞」の姿を描いています。

 

扇は、末広がりに広がっていることから
未来に向かって幸せが広がっていく
という意味があります。

 

巫女が 扇を手に持ち
両手を天高く広げている姿には、
平和な世界があまねく満ちていくように
という祈りを込めています。

 

 

◆朝なぎの海のように

 

御朱印には、浦安の舞の歌詞
「 天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を 」

 

を奉書しました。

 

和歌の主旨は、
「朝の波ひとつ立たない海のように、世の中が穏やかで平和でありますよう 神様にお祈りします」というもの。

 

「浦」とは 日本の古語で「こころ」を

 

「安」とは「やすらぎ」を

 

つまり「浦安」は
「心のやすらぎ」「平和」を意味しています。

 

朝なぎの海のように、
穏やかな日常が続くことを願って
この和歌を奉書いたしました。

 

 

「祈 平和」は宮司、
「浦安の舞歌詞」は巫女が
心を込めて揮毫しています。

 

 

また「祈」の字は
「銀:シルバー」の箔押しです。

 

シルバーは、他の色との協調性が高く
どの色とも馴染める色として知られています。

 

 

長崎の地から、平和の祈りを。

 

 

皆さまとともに、
平和で穏やかな世界を
お祈りできましたら幸いに存じます。

 

 

○頒布期間:3月1日から令和2年12月末日までを予定(ただし無くなり次第の終了)

 

○サイズ:見開き

 

○御朱印符(朱印は一つ一つ手押しです)

 

○神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(御朱印帳は神社でも頒布しています)お持ち帰り可

 

○社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

○参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

○当神社オリジナル御神饌 [ #神社おこし ] または [ #神社カステラ ] または [ 神社飴 ] 付き

 

○郵送での頒布はお受けしておりません

 

○お一人3体まで

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com