平成30年お正月 巫女さんの感想(その2)

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
8名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回、代表して2名の方に
ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介します。

 

 

最後の2回目は、大学生のHさんです。

 

 

----- ここから -----

 

 

12月の末から、
宮司さんをはじめ、諫早神社に関わる方々の手により、
神社が、日に日に新年の装いに包まれていく姿を、間近にみました。
 
新年の神社を創る作業に、微力ながら
私も加われたと思うと誇らしくも、嬉しくもあります。
 
 
今年は好天だったということもあり
多くの参拝者が神社に訪れていました。
 
 
神社の雰囲気も晴れやかで、新年の雰囲気を存分に味わうことができました。
 
 
「うないさん」も毎日神社に来て、
子供たちと触れ合ったり、御守りを見たり、写真を撮ったりしていて賑わっていました。
 
 
今回、初めて巫女としてご奉仕させていただきました。
 
神社のこと、巫女としての言葉遣いや立ち振る舞いなど、
学ぶことが多くあり、よい経験をさせていただけたと思っています。
 
 
機会があればまたご奉仕させていただきたいです。
 
 
今回はありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Hさん。

 

最初は少し戸惑いもあったかもしれませんが、
巫女さんたちの休憩時間に入る声掛けもお願いさせていただきまして
たいへん助かりました。

 

時間を追うごとに順応し、温かく皆さんに接していただき
新年の境内を、お正月らしい雰囲気にしていただきました。

 

 

偶然にも、私と同じ高校卒業で
同じ大学・同じ学部(住まいも同じ東京の諫早学生寮)という経歴のHさん。

 

ぜひ今の環境を活かして、いろいろな経験を積み
多くのことを学んで、輝かしい未来を切り開いてもらいたいと思います。

 

 

今回の経験が、これからのHさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。

 

 

 








WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com