【現在の御朱印】ご確認ください

 

現在頒布中の 御朱印 をお知らせします

随時 更新しますのでお目通しください(7/15更新)

 

令和元年 7月6日 から 7月24日頃まで
(1)夏越の大祓 御朱印(書置き紙・数量限定)
(2)通常御朱印(土日祝9:00-13:00は書置き紙のみ)
(3)改元奉祝 御朱印(書置き紙・数量限定)

 

令和元年 7月24日頃 から 8月2日頃まで
(1)諫早大水害慰霊 御朱印書置き紙・数量限定)
(2)夏越の大祓 御朱印(書置き紙・数量限定)
(3)通常御朱印(土日祝9:00-13:00は書置き紙のみ)
(4)改元奉祝 御朱印(書置き紙・数量限定)

 

* 授与時間 9:00-17:00

 

* 御朱印お受けの方には
 当社オリジナル参拝記念(神社おこし・うちわ)をお渡ししております。

 

*御朱印の通販は承っておりません
 (ご参拝の際にお受けになることを前提としているためです)

 

 

 夏越大祓 御朱印

 

日本の夏のお祓い。

 

古来よりこの時期には 夏を無事に越せるように

 

半年分の厄落とし「夏越の大祓」が行われてきました。

 

このたび「夏越の大祓」期間の限定御朱印を奉製いたしました。

 

 

右側に描かれている「茅の輪」は、
長崎が発祥の絵画文化である南画(なんが)の技法で描かれている
長崎県の神社ならではのオリジナルのデザインです。

 

南画は、江戸時代に日本唯一の貿易港であった
長崎の地に伝来した優雅で繊細な表現の水墨画です。

 

また、松尾芭蕉・与謝蕪村と並び
〈 江戸三大俳人 〉と称される 小林一茶 の俳句

 

「母の分 も一つくぐる 茅の輪かな」

 

(母のぶんとして もう一度くぐる 茅の輪であることよ)

 

を右下に奉書しています。

 

ご自身やご家族、愛する方々の健康に想いを馳せる
ひとつの機会にしていただけましたら幸いです。

 

6月21日(金)より頒布を開始いたします。

 

書置紙のみで、枚数限定。
8月7日(旧暦の7/7)まで頒布予定ですが、
無くなりしだい終了とさせていただきます。

 

初穂料:800円(神社オリジナルおこし付き)

 

*サイズ:見開き(横 210mm × 縦 145mm)

 

*和紙の書置き紙を複写したものになります

 

*神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください

 

*「夏越大祓」は宮司が揮毫、小林一茶の俳句は巫女が揮毫しています

 

*社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

*参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

 

 

通常御朱印

 

通常御朱印は、御朱印帳に墨書きいたします。
(当然ながら書き手により書体は違います)

 

ただし、社務の都合上
通常御朱印は、土曜日・日曜日・祝日の

9:00~13:00までは【書置き紙のみ頒布】となります。
ご了承ください。

 

たいへん多くの方々にご参拝いただいております。
土日祝は神事・祭事ご奉仕を優先しておりますゆえ
あらかじめご承知おき賜りますようお願い申し上げます。

 

平時も 書置き紙をご用意しておりますので
ご希望の方はお申し出ください。

 

初穂料:500円(神社オリジナルおこし付き)

 

 

 改元奉祝 御朱印

 

「平成」から「令和」への改元を奉祝して、
期間限定の 改元奉祝 御朱印 を奉製いたしました。

 

 

 

書置紙(見開きタイプ)のみ、枚数限定です。

 

初穂料:800円(神社オリジナルおこし付き)

 

5月1日から頒布を開始しておりますが、
たいへん多くの方々よりお問合せをいただいております。
とくに遠方からのご連絡が多くなっていまして
まだしばらくはご用意いたします。
無くなり次第の終了です。

 

この御朱印は、

新元号「令和」の由来となった「梅」を
長崎が発祥の絵画文化である南画(なんが)で描いた
この地の神社ならではのオリジナル御朱印です。

 

南画は、江戸時代に
日本唯一の貿易港であった長崎の地に伝来した
優雅な表現の水墨画です。
多くの文人が長崎でその技法を学びました。

 

*見開きサイズ(横 210mm × 縦 145mm)

 

*書置き紙(宮司が揮毫した御朱印の複写)のみ

 御朱印帳お持ちの方はお持ちください、当方でお貼りいたします

 

*「令和」の字は、祝意を込めまして「金」の箔押しとなっています

 

*参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

*お一人様3体まで

 

 

---

 

*「春の流鏑馬」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

上記、御朱印授与については
随時更新しますため 内容の変更がある旨あらかじめご了承ください。