【現在の御朱印】ご確認ください

 

現在頒布中の 御朱印 をお知らせします

(1)「大嘗祭」限定御朱印(朱印符・神社で貼付数量限定12月末までの頒布
(2)即位礼「弥栄」御朱印(朱印符・神社で貼付数量限定12月末までの頒布
(3)平和の祈り」御朱印(朱印符・神社で貼付数量限定12月末までの頒布
(4)通常御朱印(直書き、ただし土日祝9:00-13:00は朱印符のお渡し)

 

【 令和元年の限定御朱印は大嘗祭御朱印で最後となります 】

 

【 次の限定御朱印は初詣御朱印です。初詣期間中は初詣御朱印のみの頒布となります 】

 

随時 更新しますのでお目通しください(12/1更新)

 

* 授与時間 9:00-17:00

 

* 御朱印お受けの方には
 当社オリジナル参拝記念(神社おこし・神社カステラ)を授与します。

 

* 御朱印1体お受けの方には「神社おこし」、
  御朱印2体お受けの方には「神社カステラ」をそれぞれ謹呈 

 

* 御朱印の通販は承っておりません
 (ご参拝の際にお受けになることを前提としているため)

 

 

【 限定御朱印 】大嘗祭

 

 

皇位継承の儀式の中で

 

最重要と位置づけられる祭事
「大嘗祭:だいじょうさい」が
11月14~15日にかけて行われます。

 

令和の時代に一度だけの
この重儀を 謹んで奉祝しまして、
このたび限定御朱印を奉製いたしました。

 

 

10/22に 即位を国の内外に宣言する
儀式として行われた「即位礼」に対して、

 

ひたすらに国民の安寧を祈る「大嘗祭」は
皇族すら直接 目に触れることを許されない秘儀。

 

その歴史は古く、
今から1300年以上前に確立されました。

 

大嘗祭の主役は、新穀(お米)です。

 

全国から 特別に選ばれた
二つの地域で収穫された新穀(御神饌:ごしんせん)をご神前にお供えし、

 

11/14夕刻から
日にちをまたいだ深夜3時過ぎまで

 

天皇が自らご奉仕をされて
国家・国民の平穏と幸せをお祈りします。

 

 

今回の限定御朱印は、シンプルながらも

 

長崎が発祥の絵画文化である
南画(なんが)の技法で

 

大嘗祭の本質とも言える
「新穀の稲穂」を描いた特別な御朱印です。

 

南画は、江戸時代に
日本唯一の貿易港であった
長崎の地に伝来した優雅で繊細な水墨画です。

 

 

[大嘗祭]の文字は宮司が、
[御一代一度の重儀]は巫女が、
令和時代の安寧への祈りを込めて揮毫しております。

 

 

日本人の衣食住の伝統文化を
未来につなぐ重要なお祭りでもある「大嘗祭」

 

1300年以上にわたって続けられてきた
祈りの尊さを 皆様とわかち合いたいと存じます。

 

当地ならではの限定御朱印
ご参拝の折にぜひお受けください。

 

 

11/13(水) より頒布を開始します。

 

 

○頒布期間:今年12月末日まで(ただし無くなり次第の終了となります)

 

○サイズ:見開き(横 210mm × 縦 145mm)

 

○和紙を複写した御朱印符

 

○神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(御朱印帳は神社でも頒布しています)お持ち帰りも可

 

○社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

○参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

○初穂料:800円(当神社オリジナル御神饌付き)

 

○御朱印をお受けの方には、ここにしかない当神社オリジナル御神饌 [ 神社おこし ] または [ 神社カステラ ] をお渡しします。

 

○お一人3体まで

 

 

【 限定御朱印 】即位礼「弥栄」

 

「 即位礼正殿の儀 」を奉祝し、
光輝く「弥栄」限定御朱印を奉製いたしました。

 

 

新天皇が国の内外に即位を宣言される儀式
「 即位礼正殿の儀:そくいれいせいでんのぎ」

 

海外からも170ヵ国を越える国々から
王族、元首・首脳クラスが参列して行われます。

 

この慶事を奉祝し、
特別な 限定御朱印「弥栄」を奉製いたしました。

 

 

「弥栄」御朱印には、
泰平の世を治める君主が誕生した際に
現れる 鳳凰(ほうおう)が描かれています。

 

鳳凰は、
至福・吉兆・長久をもたらす
非常に縁起のよいものの象徴とされています。

 

 

この御朱印では、令和の御代が
光輝く時代でありますよう祈りを込めまして

 

鳳凰を 特別に キラキラと輝く
「金の箔押し」で奉製いたしました✨

 

 

そして、雌雄一対の鳳凰が 飛翔しながら統合し
「日の丸」を象徴するような円を描くことで

 

調和・一体感・平和といった
日本文化の真髄が込められた形となっています。

 

 

また、左の「弥栄:いやさか」
という文字は、
日本古来より「ますます栄えますように」
との祈りが込められた言葉で

 

宮司が 弥栄 への願いを込めて揮毫いたしました。

 

 

日の丸を象徴する 鳳凰 と 弥栄 。

 

まさに、日本の弥栄、
世界の弥栄への祈りが込められた
特別なオリジナル御朱印となっています。

 

 

10/19(土) から頒布を開始。

 

少なくとも今年の年末まではご用意いたします。

 

 

皆さまと共に弥栄を祈りたいと存じます。
ぜひご参拝の折にお受けくださいませ。

 

○サイズ:見開き(横 210mm × 縦 145mm)

 

○和紙を複写した御朱印符

 

○神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(御朱印帳は神社でも頒布しています)お持ち帰り可

 

○社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

○参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

○初穂料:800円(オリジナル神社おこし付)

 

○お一人3体まで

 

【 限定御朱印 】平和の祈り

 

長崎の地から、平和の祈りを。

 

 

このたび、
平和への「祈り」を「形」にした
季節限定の御朱印を奉製いたしました。

 

この御朱印は、
平和の祈りが込められている
巫女舞「浦安の舞」の姿を描いた
諫早神社オリジナルのデザインです。

 

また、浦安の舞の歌詞

 

「 天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を 」

 

を奉書しています。

 

この和歌の主旨は、「朝の波ひとつ立たない海のように、
世の中が穏やかで平和でありますよう 神様にお祈りします」という意味合いです。

 

「浦」とは
日本の古語で「こころ」を、

 

「安」とは「やすらぎ」を、

 

つまり「浦安」は
「心のやすらぎ」「平和」を意味しています。

 

お参りの際は、
平和の祈りのご参拝をされまして、
この御朱印をお受けくださいましたら幸いに存じます。

 

8月9日(金)より頒布を開始し、10月10日頃までの頒布予定です。
お問合せが多いため、令和元年12月末頃まで延長して頒布します。
ただし、ご用意している数が無くなりしだい
頒布終了となりますのでご了承ください。

 

初穂料:800円(神社オリジナルおこし付き)

 

 

*サイズ:見開き(横 210mm × 縦 145mm)

 

*和紙を複写した書置き紙です

 

*神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(神社で御朱印帳も頒布しています)

 

*「祈平和」は宮司の揮毫、和歌は巫女の揮毫です

 

*「祈」の字は「銀:シルバー」の箔押しです

 

*社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

*参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

*お一人様3体まで

 

 

通常御朱印

 

通常御朱印は、御朱印帳に墨書きいたします。
(当然ながら書き手により書体は違います)

 

ただし、社務の都合上
通常御朱印は、土曜日・日曜日・祝日の

9:00~13:00までは【書置き紙のみ頒布】となります。
ご了承ください。

 

たいへん多くの方々にご参拝いただいております。
土日祝は神事・祭事ご奉仕を優先しておりますゆえ
あらかじめご承知おき賜りますようお願い申し上げます。

 

平時も 書置き紙をご用意しておりますので
ご希望の方はお申し出ください。

 

初穂料:500円(神社オリジナルおこし付き)

 

 

---

 

*「改元奉祝・令和」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

*「夏越の大祓」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

*「諫早大水害(自然災害)慰霊の祈り」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

*「春の流鏑馬」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

上記、御朱印授与については
随時更新しますため 内容の変更がある旨あらかじめご了承ください。

 



【募集】お正月の巫女さんになりませんか

 

今度のお正月、令和2年(2020年)のお正月に
お手伝いのご奉仕をしていただける巫女さんの募集を開始いたします。

 

ご関心ある方は、下記の募集要項をご確認ください。

 

真剣に 楽しく ご奉仕できる方のご応募をお待ちしております。

 

◆募集人数

あと2名程度 (書類、面接、簡単な筆記試験 による選考を行います)

* 例年、定員以上の応募がありますのでお早めにご連絡をお願いします

 

◆募集期日

12月15日(日)まで *高校生枠は定員となり大学生以上のみ応募受付中!

* ただし、定員になりしだい締め切りとなります。

 

◆奉仕内容

御神酒・福飴等の振舞、御守御神札の授与、御祈祷の受付案内、境内清掃
(屋外でのが奉仕時間が多いため、体力に自信のない方はご遠慮下さい)

 

◆奉仕期間

令和元年12月28日 ~ 令和2年1月7日の間でシフト制
(正月の三ヶ日1/1 ~ 1/3の三日間は必須、それ以外は希望日で調整)

12月28~30日(可能な方):9:00~18:00 

31日(可能な方):9:00~18:00 or 23:00~27:00

1月1日~3日(必須):8:00~19:00の間で実働8時間程

1月4日~7日(可能な方):8:00~15:00

 

◆応募条件

* 心身ともに健康な女性で、高校生から27歳位までの未婚の方。
* 日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。人と接することが好きな方。
* 諫早市在住または近郊の方。
* 12月下旬(現在の候補日は12/22日曜)の事前研修に必ず参加できる方。
* 応募は本人に限ります。(家族等が代理で問い合わせ・応募することは不可とします)

* 茶髪、マニキュア・ピアス等は不可。
* 高校生の場合は、学校と保護者の許可を得て下さい。

 

◆待遇

神社規定による奉仕料を支給。昼食支給。交通費なし。
巫女装束は神社で用意します。(肌着や白足袋は各自でご準備下さい)

 

◆備考

巫女は、参拝者と直に接する「お宮の顔」であり
大きな使命感と責任感が必要です。

 

そのことを自覚し、やりがいを感じられる方、
真剣に楽しくご奉仕できる方のご応募をお待ちしております。

 

巫女さんとして奉仕した経験は
きっとこれからの人生にも役立つことでしょう。

 

 

なお、当社でお正月時期に巫女さんを経験した方々の感想を
以下の手順でご参照いただけます。

 

当社ホームページ
 →トップ画面の下部・左側
  →googleカスタム検索(ブログ検索)
   →「巫女 感想」を入力して検索ボタンを押す

 

巫女さんのイメージが少しはできるかと思いますので、
一度ご参考にご覧になってみて下さい。

 

◆応募先(お問合せ先)

諫早神社 社務所
℡ (0957) 22-2073 受付:9時〜17時

 

ホームページの「お問い合せフォーム」からでしたら
24時間いつでも受け付けております。

 

ご不明な点ございましたらお問合せ下さい。

 

 

巫女さん H25諫早神社

 

 



令和2年 (2020年) 戌の日 安産祈願

 

来たる令和2年(2020年)の「戌の日」を、
安産祈願のページにアップしましたのでご案内申し上げます。

 

安産祈願は、
日本古来の習わしにより妊娠5ヶ月目の「戌の日」に
子宝に恵まれたことに感謝し、母子の健康とお腹の赤ちゃんの
健やかな成長、そして安産を願って神社でご祈願するものです。

 

なお、安産祈願の日は 必ずしも妊娠5ヶ月目の「戌の日」でなくとも構いません。

 

体調が不安定な場合は、「戌の日」にこだわらず
お身体の安定している時期でご都合のよい佳き日を選んでお申込みいただいて結構です。

 

令和2年(2020年) 安産祈願 「戌の日」 カレンダー
1月  8日(水)・20日(月) 7月  6日(月)・18日(土)・30日(木)
2月  1日(土)・13日(木)・25日(火) 8月  11日(火)・23日(日)
3月  8日(日)・20日(金祝) 9月  4日(金)・16日(水)・28日(月)
4月  1日(水)・13日(月)・25日(土)10月  10日(土)・22日(木)
5月  7日(木)・18日(土)・30日(木)11月  3日(火祝)・15日(日)・27日(金)
6月  12日(金)・24日(水)12月  9日(水)・21日(月)

 



師走12月1日 「つきなみさい」

 

定例の諫早神社つきまいり

「月次祭(つきなみさい)」を執り行い、多くの方々にご参列を賜りました。

 

次回の「つきなみさい」は

12月15日 (日) 8:30~ となります。

※今年最後のつきなみさいです

※平日・土日祝とも原則8:30からの開始です。

 

皆様とともに

日々の神恩感謝や健康安泰・平穏・繁栄などを祈願します。

 

自由にご参列できますので、

ご都合つかれる方はどうぞご参詣下さい。

 

また、当日は月次祭に先立ち境内清掃を行います。

お時間ある方は、8時00分~8時20分までの間

清掃にご協力頂けますと幸いです。

(雨天の場合、境内清掃は中止となります)

 

 

月次祭に参列できない方も

月の始まり(朔日・1日)や中日(15日)の節目には、

各々ご都合のつく時間で結構です。

 

お住まいの地域をお守りされている地元の神社へ足を運び、

社頭にて心静かに参拝されることをおすすめしております。

 

今ここに生かされていることへの感謝の気持ちを神様にお伝えしましょう。

 

 

最後に、今後の「戌の日」をお知らせ致します。

安産祈願の時期目安として、ご参考くださいませ。

 

 

12月 | 3日(火)・15日(日)・27日(金)

 

1月 | 8日(水)・20日(月)

 



今月・来月の「戌の日 安産祈願 」

 

今月と来月の「戌の日」をお知らせします 

 

 令和元年(2019年)

  12月 | 3日(火)・15日(日)・27日(金)

 

 令和2年(2020年)

     1月 | 8日(水)・20日(月)

 

安産祈願は、
日本古来の習わしにより妊娠5ヶ月目の「戌の日」に
子宝に恵まれたことに感謝し、母子の健康とお腹の赤ちゃんの
健やかな成長、そして安産を願って神社でご祈願するものです。

 

ただ、体調が不安定な場合は「戌の日」にこだわる必要はありません。

お身体の安定している時期であれば
ご都合のつかれる佳き日を選んでお申込みいただいても結構です。

 

当社では、ご予約にて 安産祈願を承っております。(初穂料5,000円から)

 

安産祈願を受けられた方には、特別謹製のオリジナル腹帯をお授けしております。

 

お電話・ホームページからお気軽にお問合せ下さい。

 

諫早神社 TEL 0957-22-2073 (受付:9時〜17時)

※スマホの方は電話番号を押すと電話がつながります

 

 

詳しくは、こちら安産祈願のページをご覧ください > > >

 

 



< 正職員 募集!> 神職・巫女さん

 

 

当社では、社務多忙につき 正職員として
笑顔で真心こめたご奉仕をして頂ける(1)神職(2)巫女さんを募集しています。

 

ご関心のある方は、
下記の募集要項を参照のうえ お問い合せ下さい。

 

(1)
 神職さん
(正職員) 募集

◆応募条件
18~40歳くらい迄の社会人。
心身ともに健康で、日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。
人と接することが好きな方。
特に、異業種での社会人経験者(中途採用)、歓迎いたします。

募集人員は1名です。

 

 

(2)
 
巫女さん(正職員) 募集

◆応募条件
高校生~25歳くらい迄の未婚女性。
心身ともに健康で、日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。
人と接することが好きな方。
高校・大学の新卒者(新卒採用)や社会人経験者(中途採用)、歓迎いたします。

募集人員は1名です。

 

初心者・未経験でも、現職の巫女から
仕事に必要な知識・技術・技能などをお伝えしますのでご安心ください。

 

共通 募集要項

◆一緒にご奉仕していただきたい方
ホームページ(ブログなど)や
当社発行『諫早神社ものがたり』を見ていただき
諫早神社の神明奉仕の姿勢を感じ取っていただければと思います。
その方向性に共感し、志を同じく、ともに歩むことができる人。
社会性があり、明るく、向上心をもって日々のお勤めができる人。
自主的に学ぶことができ、自らの成長に努力を惜しまない人。
素直さ・正直さ・謙虚さを持ち続けることができる人。

 

◆奉務時間
平時:午前8時30分~午後5時
※年末年始などの繁忙期間はこれに限らない

 

◆休日
公休7日/月(原則土・日・祝日を除く)、有給休暇あり

 

◆待遇
当社の規定によります。
社会保険完備(厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険)
賞与年2回あり、昇給あり、研修への補助制度あり

 

◆内 容
御祈祷の受付案内、神前結婚式の補佐、各種事務、神楽舞奉納など

 

◆注意事項
茶髪・マニュキュア・ピアス類は禁止

 

◆その他
神職・巫女は、参拝者と直に接する「お宮の顔」であり、
大きな使命感と責任感が求められます。
そのことを自覚して、やりがいを感じ、
一緒に楽しく働いていただける方のご応募をお待ちしています。

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com