如月2月1日 「つきなみさい」

 

今日の諫早も凛とした寒さをを感じる一日となっています。

 

今月は、2/3節分の「立春福まき」や
2/11建国記念日の「特製うなぎおむすび」配布などがあり
笑顔あふれる賑やかな境内が続きそうです。

 

 

さて、本日 如月2月1日は 定例の諫早神社つきまいり

「月次祭(つきなみさい)」を執り行いました。

 

多くの方々に境内清掃をお手伝いいただきました。
ありがとうございました。

 

皆様、ようこそお参り下さいました。

 

次回の「つきなみさい」は

2月15日 (木) 8:30~ となります。

 

※平日・土日祝とも原則8:30からの開始です。

 

皆様とともに

日々の神恩感謝や健康安泰・平穏・繁栄などを祈願します。

 

自由にご参列できますので、

ご都合つかれる方はどうぞご参詣下さい。

 

また、当日は月次祭に先立ち境内清掃を行います。

お時間ある方は、8時00分~8時20分までの間

清掃にご協力頂けますと幸いです。

(雨天の場合、境内清掃は中止となります)

 

 

月次祭に参列できない方も

月の始まり(朔日・1日)や中日(15日)の節目には、

各々ご都合のつく時間で結構です。

 

お住まいの地域をお守りされている地元の神社へ足を運び、

社頭にて心静かに参拝されることをおすすめしております。

 

今ここに生かされていることへの感謝の気持ちを神様にお伝えしましょう。

 

 

最後に、今後の「戌の日」をお知らせ致します。

安産祈願の時期目安として、ご参考くださいませ。 

 

 

如月    2月  11日(日)・23日(金)

 

弥生    3月  7日(水)・19日(月)・31日(土)

 

 



2.3 節分 福まき(豆まき)

 

当社では、諫早駅前「お茶の間通り商店街」の皆様とともに
節分の行事「お多福通り抜け」 と 「立春 福まき」 を実施いたします。

 

 

そもそも、立春とは
1年間を24に分けた二十四節気の一番目にあたる期間です。

 

つまり、「春が始まる第1日目」 を意味しています。

 

立春は
昔のお正月(旧正月:今年は2月16日)に近い日ということもあり
暖かくなる春が待ち遠しい時期で、新酒まつり(朝しぼり)などの行事が行われます。

 

 

また、立春は 冬と春を分ける、節目の日。

 

春が始まる日の前日、季節を分ける日が「節分」ということになります。

 

 

立春が、一年の始まり、つまり元日とするならば
節分は 大みそか と同じ意味合いで考えてもよいでしょう。

 

 

 

吉凶の節目ともされている「節分」は、季節の境目で
そのような節目の日(境界)ではバランスが悪くなってしまうため、
魔物が侵入しやすい時期とされています。

 

 

そこで「鬼は外!」「福は内!」と声を出して
鬼が嫌いな豆を撒いて、邪気を祓い
身を守り、さらには立春に向けて福を呼び込もうとします。

 

 

ですから、節分には
しっかりと豆をまいて、邪気を追い払い
立春から新たな幸先よいスタートを切ることができるように
豆まき以外にも恵方巻きなどの福を招く行事が続けられているのです。

 

 

 

 
諫早神社では「立春 福まき」ということで
2月3日(土)に豆まきが行われます。

 

時間は、14:00~ と 15:00~ の2回です。

 

■ゲスト

うないさん、タラッキー

   

 

 

■焼きイワシの振る舞い ※午後2時回のみの予定
節分の際に、焼いた鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)で
邪気を払うという習慣があります。
平安時代の書物にも書かれているほど日本古来からの伝統行事です。
今回、福まきの中に「当たり券」が30枚入っており
「当たり券」を拾った方には、その場で焼いた鰯(いわし)が贈呈されます。
協賛:竹野鮮魚店

 

 

■出店
ぜんざい(1杯200円、駅前商店街提供)
梅が枝餅ほか

 

駐車場は、本明川河川敷をご利用いただき
飛び石を渡って神社へお越し下さい。

 

 

お誘いあわせのうえ、お越し下さいませ。

 

「福まき」の中には、
ご縁があるように、5円玉が入れられています。

 

その中でも、ラッキーな人には、「三角くじ券」が入っています。

 

「三角くじ券」を得られた方は、
くじ券に明記の加盟店にて、1枚に1回くじにチャレンジできます。
豪華で、素敵な商品が当たるかもしれません。

 

 

「福まき」に参加して、たくさんの「福」を授かりましょう!

 

 

主催:永昌東町お茶の間通り商店街
共催:諫早神社

 

■問い合わせ
お茶の間通り商店街事務所(0957-21-1639)

 

 

 

 

 



平成30年お正月 巫女さんの感想(その2)

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
8名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回、代表して2名の方に
ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介します。

 

 

最後の2回目は、大学生のHさんです。

 

 

----- ここから -----

 

 

12月の末から、
宮司さんをはじめ、諫早神社に関わる方々の手により、
神社が、日に日に新年の装いに包まれていく姿を、間近にみました。
 
新年の神社を創る作業に、微力ながら
私も加われたと思うと誇らしくも、嬉しくもあります。
 
 
今年は好天だったということもあり
多くの参拝者が神社に訪れていました。
 
 
神社の雰囲気も晴れやかで、新年の雰囲気を存分に味わうことができました。
 
 
「うないさん」も毎日神社に来て、
子供たちと触れ合ったり、御守りを見たり、写真を撮ったりしていて賑わっていました。
 
 
今回、初めて巫女としてご奉仕させていただきました。
 
神社のこと、巫女としての言葉遣いや立ち振る舞いなど、
学ぶことが多くあり、よい経験をさせていただけたと思っています。
 
 
機会があればまたご奉仕させていただきたいです。
 
 
今回はありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

Hさん。

 

最初は少し戸惑いもあったかもしれませんが、
巫女さんたちの休憩時間に入る声掛けもお願いさせていただきまして
たいへん助かりました。

 

時間を追うごとに順応し、温かく皆さんに接していただき
新年の境内を、お正月らしい雰囲気にしていただきました。

 

 

偶然にも、私と同じ高校卒業で
同じ大学・同じ学部(住まいも同じ東京の諫早学生寮)という経歴のHさん。

 

ぜひ今の環境を活かして、いろいろな経験を積み
多くのことを学んで、輝かしい未来を切り開いてもらいたいと思います。

 

 

今回の経験が、これからのHさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。

 

 

 



平成30年お正月 巫女さんの感想(その1)

 

今日の諫早はすっきりとした青空が広がっていますが
凛とした、冷たい空気が張り詰める一日となりました。

 

神社では、1月の月末ということで、
厄入りや厄晴れなどの厄除け祈願を多くご奉仕いたしました。

 

 

さて、今年のお正月は
昨年末の書類・面接での選考により
8名の臨時巫女さんにご奉仕をいただきました。

 

短い期間のご奉仕でしたが、皆さん一生懸命に取り組んでいただきました。

 

今回、代表して2名の方に
ご奉仕しての感想を寄せてもらいましたのでご紹介します。

 

 

1回目は、大学生のMさんです。

 

 

----- ここから -----

 

 

今回の、諫早神社でのご奉仕の経験は、
短い期間ではありましたが、お正月という
日本文化を色濃く表す行事を通して、日本人の根幹にある考え方や精神、
そして伝統を、実際に肌で感じることが出来た、大変有意義なものだったと感じています。

 

参拝者の皆様に、
少しでも気持ちよく初詣に過ごしてもらえるように、
特に言葉遣いや所作は、意識しながらご奉仕していました。

 

普段の生活とは異なる、巫女としての経験から
多くのことを学ぶこと出来たと思います。

 

私は、現在 大学で日本語教師の勉強しており、
将来は日本文化の魅力を世界に伝える仕事をしたいと考えています

 

今回の巫女としての経験は、
いつか自分の仕事の中で活かしていけたらと思います。

 

未熟な点も多く、ご迷惑もおかけしたと思いますが
神社関係の皆様や、一緒にお正月期間にご奉仕をした巫女のみなさん
いろいろと助けていただきました。

 

2018年という1年を、
こうした形で始めることができ、
本当に良い機会をいただけたなと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

----- ここまで -----

 

 

昨年の秋から
週末を中心にご奉仕をしていただいているMさん。

 

今回がはじめてのお正月となりまして、
普段ご奉仕をしていただいている御祈願のご案内・補助と
また違ったかたちの難しさ・楽しさがあったのではないでしょうか。

 

そのよう中にも、時間を追うごとに
巫女さんとして立ち振る舞いを習得され
接遇・コミュニケーションの経験値を積み上げたように思いました。

 

 

これからのご奉仕での ますますの活躍を期待しています。

 

 

今回の経験が、これからのMさんの歩みに
少しでも役立ってくれればこちらも嬉しく思います。

 

 

 



\ 諫早神社の初詣 /

 

平成30年(2018年)  戊戌歳 つちのえいぬどし

 

新年が佳き年でありますよう皆様のご参拝を心よりお待ちしております。

 

■初詣の期間

 

当神社では 常時、初詣のご参拝をしていただけます。

お正月期間は 特設テントにて 授与品(おふだ・おまもり)を頒布いたします。

 

*例年、1月1日は たいへん賑い、お並びいただく時間帯がございます。ご了承ください。

*ゆっくりご参拝されたい方は、1月2日以降もご検討ください。

 

 

■特設テントの開設時間(目安)


1/1(月・祝)

午前0時 から 午前2時頃まで
午前7時30分 から 午後6時00分頃まで

 

1/2(火) ~1/7(日)
午前8時30分 から 午後5時00分頃まで

 

1/8(月・祝)
午前8時30分 から 午後3時00分頃まで

 

 

その後の通常期間は、社務所にてお求め下さい。

 

また、特設テントでは
お神酒・手作り甘酒・福飴(干支の飴)を振る舞っております。


数量限定ですので、なくなり次第終了とさせて頂きます。


甘酒はアルコールが入っておりませんが、、
お神酒については車を運転する可能性がある方はご遠慮下さい。

 

■出店

期間:12月31日夜 ~ 1月3日まで

【  たいやき ・ たこやき ・ からあげ ・ コーヒー  】

 

 

さらに、特別ゲストとして 諫早のゆるキャラ 「うないさん」 が登場します。

 うないさん画像

 

期間:1月1日・2日・3日の 9時~16時の間で随時の出没予定

(不在の時間帯もありますのでご了承ください)

 

うないさんに新年のご挨拶をどうぞ (^o^)丿

 

なお、地域活性化プロジェクトとして奉製している
「うないさん絵馬」「うないさん御守」
そして 今回 初登場 「うないさん置物みくじ」
も頒布いたします。

 

 *それぞれ数量限定ですのでお早めにどうぞ。

 

 

初詣の際には、できましたら事前に「参拝作法」のページをご覧いただき、
正しい作法でのお参りをおすすめいたします。

 

 

初詣期間のご祈祷(お祓い)

 

平成30年元旦から1/5(金)までの間は、大変混み合うことが予想されます。

原則、事前のご予約にて承っております。

ご希望の日時がございましたらお早めにご連絡をお願いします。

 

特に、1/3(水)・1/4(木)・1/5(金)の午前中は
仕事始めのご祈祷のお申込みが多くなっております。

 

先着順の予約制ですのでご希望の日時にそえない場合もございます。
予めご了承ください。

 

交通情報

神社の境内に参拝者用駐車場をご用意しています。

 

地図_諫早神社の交通アクセス

混雑が予想されますのでくれぐれもご注意下さい。
 

また、年末から1月5日まで一般開放されています
本明川の河川敷(天満町・グリーンホテル下)

駐車場として利用できます。

 

 

できましたら、乗り合わせや徒歩などご検討いただけると幸いです。

 

境内ならびに駐車場内で発生した事故等については
一切責任を負えませんので、それぞれ十分にお気をつけ下さい。

 


三が日は、鳥居横の車両出入口を車両入口専用とし、
つかさおこし方面に臨時の車両専用出口を設けます。
警備員の誘導に従って駐車ください。

公道などへの違法駐車は取締りの対象となります。

 

初詣は、まず氏神様から

 

新しい年が明け、初めて社寺へお参りし 感謝の心とともに
「今年がよい年でありますように」と祈願するのが 「初詣」です。

 

近年は遠方の大きな神社へ参拝することも多いですが、まずは
実家や自分が住んでいる地元の氏神様(その地域をお守りしている近くの神社)へ
お参りするのが本来の「初詣」といえます。

 

初詣はまず氏神様からお参りいたしましょう。

 

お守り・おふだは、年毎に新しく

 

古い授与品は、感謝の心で神社へお納めし
より一層のご加護を願うため、新しい御神徳(授与品)をいただき
さらなるご加護をお受けしましょう。

 

諫早神社では、社殿横に「古神札納め所」と書かれた
所定の場所を用意しておりますのでそこへお納め下さい。お焚き上げいたします。

 

なお、古い授与品を納められる方は、次の事項を厳守願います。


神社での授与品以外はご遠慮下さい 。


人形・ぬいぐるみ等は絶対に持ち込まないで下さい。

 

 

お一人お一人が気持ちよく参拝できますよう、
皆様のご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 



平成30年「皇居勤労奉仕の旅」 ご案内

 

長崎県神社庁では、
天皇陛下 御即位十年奉祝記念として皇居勤労奉仕団をスタートし、
これまでに20回、約620名の有志の方々が参加されてきました。

 

 

皇居勤労奉仕とは、昭和20年5月に空襲で焼失した
宮殿の焼け跡を整理するため、有志が勤労奉仕を申し出たことで始まり
それ以降、奉仕を希望する全国の多くの方々により行われているものです。

 

現在の皇居勤労奉仕は、連続する平日の4日間に
皇居と赤坂御用地で除草・清掃・庭園作業などを行います。

 

 

長崎県神社庁では、 平成30年も
第21回目の「皇居勤労奉仕の旅」を企画・予定しており
現在、参加される方々を広く募集しております。

 

皇居勤労奉仕は、
一団体として宮内庁へ申請する必要がありますので
本ツアーは長崎県神社庁の奉仕団として申請するものです。

 

ご関心ある方は、 是非この機会に 参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 

当社ホームページをご覧になった福岡県在住の方から
お問い合わせがあり、このツアーに参加された方もいらっしゃいました。

 

 

 

なお、団体名簿を半年前までに宮内庁へ届け出る定めとなっており
申込締切日が早目になりますがご理解ほどお願いいたします。

(ただし、実施1ヶ月前まで変更可です)

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

≪ 第21回 長崎県神社庁 皇居勤労奉仕団 ツアー ≫

 

実施日: 平成30年9月上旬 ~ 中旬 5泊6日(具体的日程は後日決定します)

 

行き先: 皇居奉仕、明治神宮、靖国神社、国学院大学博物館
     安房神社、館山・マザー牧場

 

募集人員: 45名(但し、年齢制限あり:75歳まで)

 

申込締切: 3月25日 (宮内庁への許可申請のため、但し1ヶ月前まで変更可)

 

参加費: 148,000円(長崎空港発着、添乗員同行)

 

問合せ先: 長崎県神社庁 TEL  095-827-5689

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - -

 



神無月10月1日 「つきなみさい」

 

今日の諫早は過ごしやすい秋空の広がる一日となりました。

 

早いもので今年もあと3ヶ月、
素晴らしき新年を迎える準備を加速しています。

 

神社では、お宮参り、七五三、車のお祓いなどをご奉仕いたしました。

 

今月は、一日が日曜日ということもあり
終日「ついたち参り」の方々が途切れることはありませんでした。

 

 

 

さて、本日 神無月10月1日は 定例の諫早神社つきまいり

「月次祭(つきなみさい)」を執り行いました。

 

 

多くの方々に境内清掃をお手伝いいただきました。
ありがとうございました。

 

 

皆様、ようこそお参り下さいました。

 

 

次回の「つきなみさい」は

10月15日 (日) 8:30~ となります。

 

※平日・土日祝とも原則8:30からの開始です。

 

 

皆様とともに

日々の神恩感謝や健康安泰・平穏・繁栄などを祈願します。

 

自由にご参列できますので、

ご都合つかれる方はどうぞご参詣下さい。

 

また、当日は月次祭に先立ち境内清掃を行います。

お時間ある方は、8時00分~8時20分までの間

清掃にご協力頂けますと幸いです。

(雨天の場合、境内清掃は中止となります)

 

 

月次祭に参列できない方も

月の始まり(朔日・一日)や中日(十五日)の節目には、

各々ご都合のつく時間で結構です。

 

お住まいの地域をお守りされている地元の神社へ足を運び、

社頭にて心静かに参拝されることをおすすめしております。

 

今ここに生かされていることへの感謝の気持ちを神様にお伝えしましょう。

 

 

最後に、今後の「戌の日」をお知らせ致します。

安産祈願の時期目安として、ご参考くださいませ。 

 

神無月 10月  2日(月)・14日(土)・26日(木)

 

霜月  11月  7日(火)・19日(日)

 

 

 



諫早大水害から今年で60年

 

今日の諫早は湿度も気温も高い状態が続き
蒸し暑い炎天下の一日となりました。

 

神社では、新しい住まいに入居されるお宅へお伺いして
新宅祭(家祓清祓)をご奉仕いたしました。

 

 

さて、今年は 昭和32年(1957年)
7月25日に発生した「諫早大水害」から60年という節目の年を迎えました。

 

諫早大水害 諫早神社

 

水害というと直近では九州北部豪雨で大きな被害が出ました。

 

近年は特に局地的に猛烈な雨が降るなど
災害はいつでもどこでも発生する可能性があります。

 

 

諫早大水害では、一昼夜に1,000mm以上もの大雨が降り
630名超の方々が犠牲になりました。

 

 

諫早神社も、鳥居消失や境内の荒廃など甚大な被害を受けました。

 

60年を経た今でも境内のいたるところでその爪跡を確認できるほどです。

 

 

諫早大水害 諫早神社

 

↑ 
これは天満町側(本明川の対岸)に建っていた諫早神社の鳥居です。

 

この後、二基の鳥居は流されてしまい、残念ながら現在も復興はできておりません。

 

 

 

先日、諫早大水害から60年を迎えるにあたり
当時の写真や新聞記事、現代美術作品を交えた企画展
「水害×現代美術+防災展」を拝見するため諫早市美術歴史館へ行きました。

 

あらためて、被害の凄まじさや防災対策の大切さを感じてきました。

 

 

諫早大水害 諫早神社

 

 

 

諫早市では、このような災害が繰り返されないよう
国や県と力を合わせて、防災に向けた様々な取り組みを進めています。

 

 

しかしながら、いざ災害となった時には
市民一人一人の心構えや対策も重要となってきます。

 

現在、スマホ(インターネット)・メール・テレビ・ラジオ・防災行政無線など
様々な手段により、手軽に避難情報を入手することができます。

 

 

諫早大水害 諫早神社

 

↑ 
これらを確認し、登録・ブックマークするなどして
いざとなった時のために、日頃から備えておきましょう。

 

 

 

 



「うなぎ供養」と「すっぽん供養」

 

今日の諫早は梅雨明けの天候らしく
青空の眩しい真夏の一日となりました。

 

 

神社では、ご家族での還暦祭と厄入厄除祈願、
恒久平和ならびに健康祈願の神事をご奉仕させていただきました。

 

 

さて、一昨日のこと
本明川の河川敷で、いさはや鰻料理振興会の主催にて
「うなぎ供養」の神事が行われ、ご奉仕させていただきました。

 

 

この「うなぎ供養」は毎年、
うなぎ料理が名物となっている市内専門店をはじめ
関係者ご参列のもと、うなぎへの供養と商売繁盛を祈願して行われています。

 

 

諫早では「楽焼(らくやき)うなぎ」という、独特の料理法があります。

 

 

NCCニュース

 

 

「楽焼(らくやき)」は
鰻を焼いたあとに、二重底になった京都の楽焼きの独特な器を使い
仕上げにその器で蒸すのが特徴です。

 

楽焼きの空洞部分にお湯が入っているため、
うなぎがほどよく蒸されて、ふっくらとし冷めにくく
とろけるような独特の舌触りが生まれます。

 

 

NCCニュース

 

当日は、雨の予報となっていましたが
明け方には止み、滞りなく神事をすることができました。

 

 

NCCニュース

 

ちなみに、うなぎ料理専門店は
「北御門」「福田屋」「鰻割烹井手」「御食事処本明」「魚荘」の5店です。

 

また振興会には、諫早のうなぎ問屋で
うなぎ蒲焼を販売されている「諫早淡水」さんも加盟されています。

 

 

NBCニュース

 

神事のあとは、
地元の保育園の子どもたちが、体長30センチから40センチほどの
およそ80匹のうなぎを川に放流しました。

 

 

NCCニュース

 

 

その後、振興会では市内の介護施設入居者に鰻弁当:約60食を贈ったそうです。

 

 

 

今年、平成29年の
土用の丑(うし)の日は、7月25日(火)と8月6日(日)の二日間です。

 

 

栄養豊富で美味しい諫早の「楽焼うなぎ」を食べて
この暑い夏を乗り切っていただければと思います。

 

 

NCCニュース

 

 

 

また、先週のことになりますが
これまた諫早の名物であるスッポンの料理を提供している
四季の蔵・食楽亭さんで、「スッポンうなぎ供養」の神事をご奉仕いたしました。

 

 

ナイスいさはや

 

 

食楽亭では、全国2位の出荷高を誇る諫早産のスッポンを使用した料理や、
今年5月からはうなぎ料理も提供されています。

 

この日は、スッポンとうなぎの供養をするため、
調理場の祭壇に、オス・メスの2匹のスッポンとエサ、うなぎ、
そして調理に使用する包丁をお供えしました。

 

 

供養の神事では、食材への感謝と
安心安全で美味しい料理の提供を祈願しました。

 

 

神事の後、スッポンとうなぎは
食楽亭そばを流れる福田川に放流されました。

 

 

 

つい忘れがちな感謝の気持ちですが、こういった機会に
日頃、当たり前のように口にする食べ物は
たくさんの命を頂いているであるということに
改めて思いを寄せ、感謝の気持ちでいただくことは大切なことです。

 

 

これからも諫早が誇る
美味しい「すっぽん料理」を提供され
多くの方々に食べていただきたいと思います。

 

 

 



頒布推進会議

 

 

今日の諫早市は明け方から雨が降っていましたが
午前中には上がり、気持ち涼しい一日となりました。

 

 

神社では、現地にお伺いしての神事(外祭)
地鎮祭をご奉仕し、ばれいしょ選果施設の新築の起工に際して
工事の安全を関係者の皆様と御祈願申し上げました。

 

 

さて、全国の神社で頒布されている
伊勢神宮のおふだ(神宮大麻)は、その土地の氏神様のおふだとともに
ご自宅や職場の神棚にお祀りするおふだとしてご存知の方が多いかと思います。

 

 

 

この伊勢神宮のおふだを、
多くの方々がお祀りし神々のご加護を戴いてもらうため
現在、私は当社が所属する諫早北高支部の頒布推進委員を務めております。

 

 

頒布推進委員は、より多くの方々にお祀りしていただくため
関係者の皆様と共に各種事業を展開することがお役目となります。

 

 

先日、支部の神職・氏子総代の皆様に集まっていただき、頒布推進会議を開催。

 

 

 

 

資料を作成し、今年度の事業の説明などを行いました。

 

 

諫早北高支部では、神職ならびに各地域の氏子総代のご尽力により
少しずつではありますが、着実に実績を挙げております。

 

 

今年度も、より多くの方々に
伊勢神宮をはじめとした神々のご加護を戴いてもらうための
事業案を提示させていただき、了承されました。

 

 

おふだのお祀りの仕方など
ご不明な点がありましたら、当社もしくは
お近くの神社に、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 








WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com