【募集中】お宮の親子もんきり教室 \ 2019夏休み /

 

チョキチョキ もんきり 日本のかたち

 

あそんで つくって お空に飛ばそう!

 

この夏、親子で一緒に手を動かしながら
日本のもんよう文化を楽しく学び
「日本のかたち」に込められた
たくさんの物語に 耳を澄ませてみませんか。

 

\ 夏休みの自由研究にも / 

 

詳しくは下記ご確認ください。ご応募をお待ちしております!

 

 

 

 

 

お宮の親子もんきり教室(伝統文化親子教室)

 

江戸時代の「もんきりあそび」で作る、使う「日本のかたち」。

 

「もんきりあそび」は江戸時代の寺子屋でも行われた切り紙あそび。

 

紙を折って型紙(紋切り型)の通りに切り抜くと、

 

手の中には美しい日本のかたち(家紋)が舞い降ります。

 

「かたち」のひとつひとつには、たくさんの物語が詰まっていて、

 

ご先祖さま達は、まるで言葉のようにそれらを組み合わせてきました。

 

今年の夏は、お宮で親子一緒に手を動かしながら、

 

その物語に耳を澄ましてみませんか。

 

 

\ 夏休みの自由研究にも / 

 

 

募集概要

日程:
令和元年 7月21日(日)、8月4日(日)、8月25日(日)の全3回
各日 13:00 ~ 16:00

 

対象:
小学生と保護者(全3回に出席できること)

 

受講料:
全3回分で3,000円(親子2名1組) *1名追加毎に1,500円(全3回分)

 

定員:
15組(申し込み多数の場合は抽選)

 

申込方法・締切:
メール か FAX でお申し込みください
7月3日(水)中まで

 

会場:
諫早神社 参集殿(諫早市宇都町1-18)

 

講師:
下中菜穂 先生
造形作家・もんきり研究家。
文様を暮らしの中で使い楽しむ生活文化を現代によみがえらせるべく、出版、
ワークショップや展覧会など活動中。「こども文様ずかん」(平凡社)など著書多数。

小川暁博 先生
明治40年に創業した長崎ハタ(凧)専門店の3代目。長崎県唯一のハタ職人。
地元小学生や修学旅行生へハタづくり指導を行うなど、伝統文化の伝承にも力を注いでいる。

 

主催:
日本の伝統文化を楽しく学び未来へつなぐ会
(文化庁:平成31年度 伝統⽂化親⼦教室事業)

 

お問合せ・申込先:
E-mail : info(at)isahaya-jinja.jp
 *(at)を @ に置き換えてください
FAX:0957-47-9133

 

 *お申込みの際は、親子の氏名、学年、電話番号を明記のうえ
  メール か FAX でお申し込みください

 

 

よくあるご質問(Q&A)

 

① 子どもだけでの参加はできますか?

文化庁が指定している親子教室となっておりまして
親子で一緒に楽しく学んでいくプログラム構成でございます。
保護者の方が、見ているだけや送迎だけの場合は承っておりません。

 

② 3日間すべての参加がむずかしいのですが応募できますか?

原則、3回すべてに参加できる方のみとなります。
ご事情がある場合はお問合せください。

 

③ 兄弟(下の子など)を連れて行ってもよいでしょうか?

基本的には、小学生のお子さんとその保護者が対象となります。
例えば、小学生2人と保護者1人の計3名でもOKですし
小学生1人と保護者2人の計3名でもOKです。
(3名以上の場合、1名につき受講料は +1,500円@全3回分)
小学生未満のお子さんなどがいらっしゃる場合は一度お問合せください。
ご参加される対象の親子が
教室に集中していただけるように進めていければと思っております。

 

④ 応募者多数の場合、抽選結果の連絡はいつになりますか?

申込締切の翌々日、7/5(金)までにご連絡する予定です。

 

⑤ 持っていくものはありますか?

受講料の中に材料費も含まれておりますので
基本的にはございませんが、参加が確定した方々には
別途 詳細をご連絡させていただきます。

 

 

 



【募集中】お宮の声あそび(6/28)

 

あの有名な 劇団四季の舞台俳優として
ライオンキングやアイーダなどに出演し、
第一線で活躍されてきた 森健太郎 先生をお迎えし

 

子ども向けの「声の教室」を開催します。

 

いつもより、もっと上手に声を出せるようになる
楽しい学びの時間です ♪

 

詳細は下記ご参照ください。ご参加をお待ちしております!

 

 

 

・学校で元気に発表できるようになりたい!

 

・大きな声で話せるようになりたい!

 

・声の先生(森先生)に会ってみたい!

 

子どもたちの日常がもっと楽しくなるような教室にしたいと思っています。

 

 

◆教室名
お宮の声あそび

 

◆日時
令和元年6月28日(金)16:30~18:00

 

◆場所
諫早神社社務所(宇都町1-18)

 

◆対象
小学1年生~4年生(保護者の見学可)

 

◆講師
森健太郎 先生
劇団四季に入団、ライオンキング・アイーダなどに出演。
退団後、会社を設立し代表に就任。東京湾クルーズ船の
企画・演出など、総合演出家として幅広く活躍。諫早にご縁あり。

 

◆料金
2,000円

 

◆定員
15名程度(事前申込制、先着順)

 

◆お問い合わせ・お申し込み
メールでお願いします
info(at)isahaya-jinja.jp
*(at)を @ に置き換えてください

 

◆主催(共催)
日本の伝統文化を楽しく学び未来へつなぐ会(諫早神社)

 

 

ご参加をお待ちしております!

 

 



【現在の御朱印】ご確認ください

 

現在頒布中の 御朱印 をお知らせします

随時 更新しますのでご参拝の際にお目通しください

 

令和元年 6月1日 から 6月20日まで
(1)改元奉祝 御朱印(書置き紙・数量限定)
(2)通常御朱印(書置き紙 or 墨書き)

 

令和元年 6月21日 から 7月20日頃まで
(1)夏越の大祓 御朱印(書置き紙・数量限定)
(2)通常御朱印(書置き紙のみ)
(3)改元奉祝 御朱印(書置き紙・数量限定)

 

 

* 授与時間 9:00-17:00

 

* 御朱印お受けの方には
 当社オリジナル参拝記念(神社おこし)をお渡ししております。

 

*御朱印の通販は承っておりません
 (ご参拝の際にお受けになることを前提としているためです)

 

 

 夏越大祓 御朱印

 

日本の夏のお祓い。

 

古来よりこの時期には 夏を無事に越せるように

 

半年分の厄落とし「夏越の大祓」が行われてきました。

 

このたび「夏越の大祓」期間の限定御朱印を奉製いたしました。

 

夏越大祓御朱印(諫早神社)

 

右側に描かれている「茅の輪」は、
長崎が発祥の絵画文化である南画(なんが)の技法で描かれている
長崎県の神社ならではのオリジナルのデザインです。

 

南画は、江戸時代に日本唯一の貿易港であった
長崎の地に伝来した優雅で繊細な表現の水墨画です。

 

また、松尾芭蕉・与謝蕪村と並び
〈 江戸三大俳人 〉と称される 小林一茶 の俳句

 

「母の分 も一つくぐる 茅の輪かな」

(母のぶんとして もう一度くぐる 茅の輪であることよ)

 

を右下に奉書しています。

 

ご自身やご家族、愛する方々の健康に想いを馳せる
ひとつの機会にしていただけましたら幸いです。

 

6月21日(金)より頒布を開始する予定です。

 

書置紙のみで、枚数限定。
(無くなりしだい終了)
初穂料:800円

 

*サイズ:見開き(横 210mm × 縦 145mm)

 

*和紙の書置き紙を複写したものになります

 

*「夏越大祓」は宮司が揮毫、小林一茶の俳句は巫女が揮毫しています

 

*社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

*参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

*限定御朱印の頒布期間中については、通常御朱印は書置き紙のみの頒布となります
(墨書きは承っておりません)

 

 

通常御朱印

 

通常御朱印は、期間限定の御朱印がある期間は
【書置き紙のみ頒布】となります。

ご了承ください。

 

通常御朱印は、御朱印帳に墨書きいたします。
(当然ながら書き手により書体は違います)

ただし、社務の都合上、
土曜日・日曜日・祝日の
9:00~13:00までは【書置き紙のみ頒布】となります。

 

たいへん多くの方々にご参拝いただいております。
授与体制が整うまで、心苦しく恐縮ですが
神事・祭事優先をご賢察の上
あらかじめご承知おき賜りますようお願い申し上げます。

 

平時も 書置き紙をご用意しておりますので
ご希望の方はお申し出ください。

 

初穂料:500円

 

 

 改元奉祝 御朱印

 

「平成」から「令和」への改元を奉祝して、
期間限定の 改元奉祝 御朱印 を奉製いたしました。

 

 

 

書置紙(見開きタイプ)のみ、枚数限定です。

 

初穂料:800円

 

5月1日から頒布を開始しており、無くなり次第の終了となります。
(少なくとも6月いっぱいはおわかちできる予定です)

 

この御朱印は、

新元号「令和」の由来となった「梅」を
長崎が発祥の絵画文化である南画(なんが)で描いた
この地の神社ならではのオリジナル御朱印です。

 

南画は、江戸時代に
日本唯一の貿易港であった長崎の地に伝来した
優雅な表現の水墨画です。
多くの文人が長崎でその技法を学びました。

 

*見開きサイズ(横 210mm × 縦 145mm)

 

*書置き紙(宮司が揮毫した御朱印の複写)のみ

 御朱印帳お持ちの方はお持ちください、当方でお貼りいたします

 

*「令和」の字は、祝意を込めまして「金」の箔押しとなっています

 

*参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

*お一人様3体まで

 

 

---

 

*「春の流鏑馬」限定御朱印は、頒布終了しました。

 

上記、御朱印授与については
随時更新しますため 内容の変更がある旨あらかじめご了承ください。

 



【夏越の大祓】6月30日(日) 午後4時~

 

今年も一年の半分が過ぎました。毎年6月は、

夏を無事に越せるようにと祈願する「夏越の大祓」が行われます。

 

今年は 6月30日(日) 16:00 から斎行いたします。

 

 

 

ご参列できない方も、
社頭(お参りをするところ)で
事前に 人形(ヒトガタ)を頒布しておりますので
ご自由にお持ち帰りいただき、ヒトガタ祓いをお受け下さい。

 

ヒトガタはお祓いをして、お焚き上げをいたしますので
できましたら大祓の当日(6/30)までに社務所へお納め願います。

 

社務所に人形をお納めされた方には「茅の輪守り」をお授けしています。

 

また、社殿前の「茅の輪」も
6/30前後の一週間ほど設置しておりますので
当日参列できなかった方も「茅の輪くぐり」をすることができます。

 

その年々の節目におこなわれる大祓は、
自らの罪や気枯れを祓うとともに
この半年の自分を振り返るための機会としたいものです。

 

 

大祓(おおはらえ)とは

 

私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、
罪を犯したり、穢れに触れています。

そして、その状態を放っておくといずれ大きな災厄となって
降りかかってくると云われています。

 

この大祓式の神事は
それらの「罪」「過ち」を取り除き、
体内に生じた「ケガレ(=気枯れ)」を人形(ヒトガタ)に託して
祓い除けるという日本古来の伝統的な行事です。

 

毎年6月と12月の末に行われ、6月を「夏越の大祓」、
12月を「年越の大祓」といいます。

 

特に6月末の「夏越の大祓」では
心身を清めるための「茅の輪くぐり」を行います。

 

 

歴史

その歴史は古く、平安時代に大宝律令で正式な宮中行事と定められ、
中世より全国に普及し、現在も多くの神社で行われています。

 

なお、当神社では
この数十年は斎行できずにいましたが、数年前から復活いたしました。

 

 

茅の輪(ちのわ)

「茅の輪」とは茅草等で作られた大きな輪のことで
これをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるとされています。

 

くぐり方は、

「水無月(みなつき)の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」

という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、
八の宇を書くように三度くぐり抜けます。

 

こうして心身ともに清らかになり、
あとの半年間を新たな気持ちで過ごすことができるのです。

 

芽の輪の起源については、
善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が

「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、

そのとおりにしたところ
疫病から免れることができたという故事からきています。

 

 

人形(ヒトガタ) 

大祓では、身代わりヒトガタに託して、これまでの罪穢れを祓い除けます。

 

①各人それぞれが自身の全身をヒトガタで丁寧になでます。

特に病んでいる部分などがあれば、より丁寧になでるとよいでしょう。

②最後に、そのヒトガタに「フーッ」×3、と息を3度吹きかけます。

 

こうすることで、自分に積もっている罪やケガレ、
身体の悪い部分がヒトガタに移ると云われています。

それらがヒトガタに乗り移るよう祈念を込めましょう。

 

ヒトガタ祓いをされた方には、「茅の輪守り」をお授けします。

 

このように、その年々の節目におこなわれる大祓は
罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会となります。

 

大祓により、清浄な心身で残りの半年を過ごしましょう。

 

ご自由にご参列できますので、どうぞご参集ください。

 

 

 



< 正職員 募集!> 神職・巫女さん

 

 

当社では、社務多忙につき 正職員として
笑顔で真心こめたご奉仕をして頂ける(1)神職(2)巫女さんを募集しています。

 

ご関心のある方は、
下記の募集要項を参照のうえ お問い合せ下さい。

 

(1)
 神職さん
(正職員) 募集

◆応募条件
18~40歳くらい迄の社会人。
心身ともに健康で、日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。
人と接することが好きな方。
特に、異業種での社会人経験者(中途採用)、歓迎いたします。

募集人員は1名です。

 

 

(2)
 
巫女さん(正職員) 募集

◆応募条件
高校生~25歳くらい迄の未婚女性。
心身ともに健康で、日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。
人と接することが好きな方。
高校・大学の新卒者(新卒採用)や社会人経験者(中途採用)、歓迎いたします。

募集人員は1名です。

 

初心者・未経験でも、現職の巫女から
仕事に必要な知識・技術・技能などをお伝えしますのでご安心ください。

 

共通 募集要項

◆一緒にご奉仕していただきたい方
ホームページ(ブログなど)や
当社発行『諫早神社ものがたり』を見ていただき
諫早神社の神明奉仕の姿勢を感じ取っていただければと思います。
その方向性に共感し、志を同じく、ともに歩むことができる人。
社会性があり、明るく、向上心をもって日々のお勤めができる人。
自主的に学ぶことができ、自らの成長に努力を惜しまない人。
素直さ・正直さ・謙虚さを持ち続けることができる人。

 

◆奉務時間
平時:午前8時30分~午後5時
※年末年始などの繁忙期間はこれに限らない

 

◆休日
公休7日/月(原則土・日・祝日を除く)、有給休暇あり

 

◆待遇
当社の規定によります。
社会保険完備(厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険)
賞与年2回あり、昇給あり、研修への補助制度あり

 

◆内 容
御祈祷の受付案内、神前結婚式の補佐、各種事務、神楽舞奉納など

 

◆注意事項
茶髪・マニュキュア・ピアス類は禁止

 

◆その他
神職・巫女は、参拝者と直に接する「お宮の顔」であり、
大きな使命感と責任感が求められます。
そのことを自覚して、やりがいを感じ、
一緒に楽しく働いていただける方のご応募をお待ちしています。

 

 









WP2FB Auto Publish Powered By : XYZScripts.com