授与品のご案内

授与品とは

授与品とは、神社でお頒かちしているお守りや御神札(おふだ)のことです。

 

神威が込められた御璽(みしるし)が内符としておさめられており
お祀りして、神様のご加護をいただいて心穏やかに過ごしましょう。

 

一覧表

当社では、年末年始だけでなく、一年を通じて社務所で頒布しております。

社務所の受付時間:午前9時~午後5時頃

 

 

交通安全 お守り安産 お守り学業成就 お守り合格祈願 お守り子ども お守り
厄除け お守り方位除け お守り還暦 お守り健康 お守り病気平癒 お守り
賀寿 お守り縁結び お守り勝 お守り開運厄除 お守りうないさん お守り
旅行安全 お守り諸願成就 絵馬えんむすび 絵馬合格祈願 絵馬うないさん 絵馬
特別謹製オリジナル腹帯
天照皇大神宮 御神札
(伊勢のおふだ)
諫早神社 御神札
(氏神様のおふだ)
家内安全 御神札商売繁盛 御神札三宝荒神 御神札
(竈・台所の神様)
御神札立て
(神棚がない場合にどうぞ)

 

 

お守りは、神威をいただくためできる限り身につけておきましょう。
「いつも神さまがそばにいてくれる」と感じることが大切です。

 

御神札は、ご家庭の神棚におまつりします。
神棚の設置がむずかしい場合には、棚の上などでも構いません。
(御神札立てなどをご利用されるとよいでしょう)

感謝の気持ちを捧げ、ご家族の幸せを祈ることで心のやすらぎが生まれます。

 

原則として、参拝された方への頒布としておりますが
① どうしてもご参拝できない方
② 地元の長崎・諫早に縁のある方で現在は遠方にお住まいの方
には、郵送などにより対応いたしますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

お焚き上げ

 

お守りやおふだは、
一年を過ぎると蓄積されたツミ・ケガレが付着していくとされます。

 

そのため、一般的には原則 一年毎 にお受けします。

 

古くなったお守りやおふだは、
一年間のご加護に「ありがとうございました」という感謝の気持ちを込めて
神社にお返ししましょう。

 

神社では、それらをお祓いし、お焚き上げを行っております。

 

 

そして、また新しいお守りやおふだをお受けし、
神様のご加護のもと、清浄な心で一年をお過ごし下さい。

 

神社の授与品であれば、全国どこの神社のものでも
お近くの神社でお焚き上げしていただけます。

 

当社も同様で、古いお守りやおふだは随時お預かりしお焚き上げしています。

 

 

お焚き上げ料は、ご加護への感謝の気持ちを込め
お賽銭箱にお志(目安:100円ほど)をお納めされるとよいでしょう。

 

神社以外でお受けしたものは、お受けになったところへお返し下さい。

(お寺さんでお受けになったものはお寺さんにお返し下さい)

 

 

神棚のお焚き上げについて

 

古くなった神棚、買い替えにより取り替えた神棚など
不要になった神棚は、粗末にならないよう
長年ご守護下さった感謝をこめて、まずは掃除をして下さい。

 

 

そして、ご都合のよろしい時に
お焚き上げ料とともに、社務所(午前9時~午後5時まで)へご持参下さい。

 

 

当社でお預かりしたのち、お清めお祓いをしてお焚き上げをいたします。

 

 

神棚のお焚き上げは、下記のお焚き上げ料をお納めいただいております。

 

○一社タイプ(扉がつ)の神棚

  お焚き上げ料:1,000円よりお心持ち

            

 

○三社タイプ(扉がつ)の神棚

  お焚き上げ料:3,000円よりお心持ち

  

 

 

ご遠方の方も、お問い合わせのうえ承っております。

 

事前にご連絡いただいた上で、郵送でも受け付けます。

 

お気軽にお問合せください。

 

 

なお、榊入れなどの陶器類、金物など
焼却によるお焚き上げができないものはお受けすることができませんので
各自でご地元の自治体の規定に従い、不燃物としてお出し下さい。

 

 

 *気になる場合は、
  ご自分でお塩をまいてお清めをしたのち、お出しになるとよいでしょう。

 

 

 


[更新日時] 2017年6月10日