長寿のお祝い

 「年祝い」「賀寿の祝い」とも言い還暦
神社でお祓いをし無病息災を祈念しお祝いします。

 

長寿を寿ぐ(ことほぐ)習慣は、奈良時代に始まり
平安時代になると貴族たちの間で広く行われていきました。

 

「還暦」「古稀」など、現在行われている長寿のお祝いは
室町時代から江戸時代にかけて定着しました。

 

 

身近に「長寿のお祝い」を迎える方がいらっしゃいましたら、皆さんで暖かくお祝いしましょう。

 

 

呼び方年齢
(男女とも)
説明
還暦 (かんれき)数え年 61歳
満年齢 60歳
暦の60種の干支が、自分の生まれた年と同じ干支に
戻るため、「 暦が還る 」 ⇒『 還暦 』 といいます。
生まれたときと同じ干支に還るため、生まれ変わって
新たな人生の始まりとして無病息災・長寿を願います。
また、最後の厄年でもあります。
還暦には、赤色のものを着用します。これは赤ちゃんに
還るという意味と魔除けの色ということに由来します。
赤のちゃんちゃんこ、赤いずきん、赤い座布団等です。
古稀 (こき)70歳詩人・杜甫が詠んだ
『 人生七十年 古来稀なり 』 に由来します。
昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは
本当に稀(まれ)でした。
喜寿 (きじゅ)77歳「喜」の字の草書体が、「七」を3つで表し
七が重なることに由来します。
傘寿 (さんじゅ)80歳「傘」の略字が、「八十」と書くことに由来します。
米寿 (べいじゅ)88歳「米」の字が、「八十八」と書くことに由来します。
卒寿 (そつじゅ)90歳「卒」の略字「卆」が
「九十」と書くことに由来します。
白寿 (はくじゅ)99歳「百」の字から、一の字をとると「白」になり、
百から一を引くと九十九になることに由来します。
金寿 (きんじゅ)100歳百寿、上寿、紀寿、百賀の祝いとも言います。
古来より金は、この上もなく素晴らしいとされており、
その金以上にめだたいということに由来します。
茶寿 (ちゃじゅ)108歳「茶」の字が、「八十八」に「十」が
2つのっているように見えることに由来します。
珍寿 (ちんじゅ)110歳珍しいほどの長寿ということに由来します。
皇寿 (こうじゅ)111歳「皇」の字を分解すると、
「白」「一」「十」「一」となり、
組み合わせで「百十一」となることに由来します。
大還暦 (だいかんれき)120歳還暦の二倍の年齢になることに由来します。

 

 

 

時期

お祝いの日は「年の始め」「誕生日」「敬老の日」にするのが一般的ですが
特に決まっていません。

 

ご本人の健康状態やご家族の予定などを考慮し、佳き日を選んでお祝いされるとよいでしょう。

 

申し込み方法

ご予約にて承っております。予約受付は 午前9時~午後5時頃まで(定休日はございません)

 

電話番号 0957-22-2073

 

お電話にて 「参拝希望日時・お名前・電話番号」 をお伝え下さい。

当日は、予約時間の5分前までにご来社下さい。

 

ご不明点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

 

ご祈祷時間

 

約20分

ご家族皆様が一緒に参列してご祈祷をお受けいただけます。

 

初穂料

5千円から ご志納にて承っております。

(5,000円 ・ 10,000円 ・ 20,000円以上)

 

※団体でのご祈祷の場合は、初穂料ご相談下さい。

 

のし袋にお包みいただき、 当日 受付の際にお納め下さい。

 

のし袋への記入例

 

 

 


[更新日時] 2014年11月26日







Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com